1. TOP
  2. 安易に扱うのは危険!?誰のためのもの?ピーリングの正しい知識

安易に扱うのは危険!?誰のためのもの?ピーリングの正しい知識

ピーリングの正しい知識

ファンデーションのノリが悪い、肌のキメが荒くなってきている、大人ニキビが治りにくい・・・。

 

こういった症状は、お肌の表面に古い角質が溜まってしまっていることが考えられます。

 

これは加齢によるホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れから、肌のターンオーバーが低下して引き起こされてしまっているのです。

 

古い角質が溜まってしまうと、良い化粧品を使ったとしても角質が邪魔をするので、浸透しにくくなり効果が得られません。

 

そんなお肌の状態を改善するのが「ピーリング」です。

ピーリングとは、古い角質をとって肌のターンオーバーを正常にする角質ケアのことです。上手く活用していけば美肌を目指すことができます。

 

ただ、巷では「何でもピーリングをやれば解決できる」といった間違った知識が蔓延しているようなので、ここではピーリングの正しい知識をご紹介していきたいと思います。

 

ピーリングの種類

ピーリングの正しい知識

ピーリングはまず大きく分けて2種類あります。

ひとつは、酸などの薬剤を直接肌に塗り角質を溶かしていくもの。これをケミカルピーリングと呼びます。

 

グリコール酸、サリチル酸、乳酸といった薬剤が使われ、余計な角質を柔らかくしてから剥がし、ターンオーバーを促します。

 

自宅で使うものは、市販で売られていますが、低刺激なのですぐに効果は実感できません。一方クリニックでは、高濃度な薬剤を使うので即効性があり効果をすぐに実感できます。

 

ただ、費用が高いのとホームケアより刺激が強いので信頼できる医師を選ばないと肌トラブルが起こる可能性があります。

 

もうひとつは、薬剤を使わないで、レーザーやクリスタル、ダイヤモンドといった微粒子を使って強制的に剥がしていくものがあります。

 

こちらはクリニックでしか受けられない特殊なピーリングで、肌質のトラブルや悩みに合せて適正治療が行えます。

 

こちらも、即効性があり、頑固なトラブルにも効果を感じやすい治療法になっています。

治療内容にもよりますが値段は1回5000円〜1万円程度。

 

ピーリングは基本的に美容目的なので、保険が使えない自由診療になります。なかなか改善されない場合は保険適用になるケースもあるそうですが、基本的には全額負担と思っておきましょう。

 

ということで、ピーリングの種類はこの2つ

 

・薬剤を使って角質を溶かしていくタイプ

・レーザーやクリスタルの微粒子を使って強制的に剥がして行くタイプ

 

があります。

 

まずはホームケアピーリングから

ピーリングの正しい知識

ピーリングはクリニックと自宅の両方で行えるわけですが、前途したように、自宅で行えるピーリングはクリニックで行うものと違って、低刺激な為、すぐに効果は実感できません。

 

しかし、その分、安全だし安く購入できるためコストパフォーマンスの面で言えば高いと言えるでしょう。

 

ただ、種類もたくさんあるので、迷ってしまうかもしれません。ということでわかりやすくご説明していきたいと思います。

 

まず市販で売られているホームケアピーリング以下の4つのタイプがあります。

洗顔ソープタイプ

洗顔石けんや洗顔料にピーリング成分が含まれており、顔の汚れを洗い流す感覚で使えます。ピーリングがはじめての方から、日常用として使うのにオススメです。

塗って洗い流すタイプ

化粧水や美容液のように肌に塗って角質を柔らかくして浮かしてから水で洗い流すタイプです。ソープタイプよりもピーリング効果が高いので、週一回程度、ソープタイプにアドオンして使うと効果的です。

マッサージタイプ

ジェルやクリーム状で、塗ってマッサージしながら古い角質を浮かして取り除いていきます。使用頻度は週一回程度、アドオンしてソープタイプにアドオンして使うと効果的です。

化粧水タイプ

洗顔後の化粧水や美容液のようにそのまま塗るだけのタイプです。塗るだけで、ターンオーバーを促し、角質を柔らかくして、古い角質を剥がれやすくしてくれます。

 

長期間使用することによってジワジワ効いてくるものなので、ピーリング効果は物足りないと思います。

 

最近では、ピーリング効果の得られる炭酸泡パックも人気です。

 

中でもSing オーガニック炭酸ホワイトパックは1本で、

・ピーリング

・洗顔

・パック

・保湿

の4役が得られます。

ピーリングの正しい知識

濃密な炭酸泡が肌に密着して、毛穴の汚れをピーリング効果ですっきりさせ、くすみをクリアにしていきます。

詳しくはこちら➡<公式サイト>

 

ケミカルピーリングの2つの成分

 

ホームケアに使われるケミカルピーリングは以下の 2種類の成分に分けられますので購入の際には参考にしてみてください。

 

・AHA アルファヒドロキシ酸

 

リンゴ酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸といった主に天然由来の成分が含まれています。

 

フルーツ酸とも呼ばれていて低刺激で安心安全なので、肌トラブルの心配がいらない。

 

・BHB ベータヒドロキシ酸

 

サリチル酸、トリクロール酸、サリチル酸エタノールが含まれています。

 

BHAは強力な化学物質であり、日本人の肌には少し刺激が強すぎます。市販のピーリング用品のほとんどがAHAなので特に心配はいりませんが、念のために購入する際は成分をしっかり確認しておきましょう。

 

BHBは危険だから危ないとネット上では敬遠されていますが、クリニックでは高濃度のBHAを使うことが多いようです。

 

ピーリングの注意点

ピーリングの正しい知識

ピーリングは美肌効果のあるスキンケアですが、使い方を間違ってしまうと、刺激をくらって肌に赤みを感じたりといったトラブルを招いてしまいます。

 

ピーリングはどんあお肌トラブルを解決するものではありません。

 

この認識を間違えている方が大勢いらっしゃるようなので、かえって肌トラブルを招く結果になっているということです。

 

ピーリングはあくまで、「古い角質を剥がし、肌のターンオーバーを促すためのもの」だということ。

 

決して、乾燥肌、ニキビ肌、敏感肌といったような肌トラブルを治療するものではないということです。

 

市販で販売されているピーリング化粧品はどれも低刺激なので肌トラブルになる心配はないと思いますが、BHAといった高濃度のピーリング化粧品を仕入れて使ったり、お肌の調子が悪い時にピーリング化粧品を使うと肌トラブルを引き起こしてしまう原因になってしまうでしょう。

 

心配な時は、腕などでバッチテスト行ってから使用しましょう。

 

赤みや傷がある時は使わない

 

ピーリング化粧品を使う際に、肌に赤みや傷がある場合はお肌が炎症している証拠なので、使用を控えましょう。もし、使用している最中に赤みが出た場合は、何かしらの副作用なので、すぐに使用を中止して専門家に診てもらうようにしましょう。

 

ピーリングをやるオススメのタイミング

化粧のノリが悪くなってきたらやるべきお肌の改善方法

もう一度、ピーリングを行う目的はと言いますと、顔に溜まった古い角質を取り、ターンオーバーを正常に戻すことです。

つまり、顔に古い角質が溜まる=ターンオーバーが遅いということなので、まずはターンオーバーが遅くなっている原因を調べましょう。

ターンオーバーが遅くなる原因は。

・加齢

・ホルモンバランスの低下

・生活習慣、食生活の乱れ

などがあります。他にも、花粉や乾燥といった外的要因であったりもします。そいいった脅威に私たちはいつも晒されているので、これらの影響をできるだけ避けるように生活を見直してみましょう。

話を戻しますが、最後にピーリングをやるタイミングは、

こうした肌トラブルによって、お肌に古い角質が溜まりやすくなってきたと感じる時です。今までとの違いにより敏感になり肌トラブルを克服していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

ピーリングの正しい知識

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • 老化防止に効く!身体にいい簡単食べ合わせ法

  • メンタルの強い人から学んだ メンタルを強くする方法

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

関連記事

  • 紫外線が肌の老化の原因の大半を占めていた!その理由とは?

  • その体大丈夫!?女性ホルモンをドカンと増やす2つの方法

  • 顔がかゆい!これって乾燥肌? かゆみの原因と6つの対処法!

  • お肌ケア!肌荒れ5つの原因とその予防&対策法

  • 地球上で最強のデトックス飲料「ウィートグラス」を徹底解説

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは