1. TOP
  2. 整腸のすゝめ!美容や健康を改善する 腸内フローラとは? 

整腸のすゝめ!美容や健康を改善する 腸内フローラとは? 

腸内細菌叢

私たちにとって、腸は第二の脳と言われるほど、重要な臓器です。腸の状態が悪いと、体の至る所で不具合が発生するからです。

 

つまり、腸は健康状態を表すバロメーター的な役割なんですね。腸の中には、100種類以上、1000兆個以上の細菌が棲みつき、私達の体をを管理しています。

 

その細菌たちがあーだこーだ言いながら、美容や健康状態を調整しているんです。この数え切れないほどの腸内細菌は、医学業界では、お花畑に例えて「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

私達が健康でいるためには、この腸内フローラの状態をよくしていかなければなりません。その為にも、日々の食べるものには気を使う必要があります。

 

ということで、今回は、この「腸内フローラ」が喜ぶお話をしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

「腸内フローラ」とは??

腸内フローラ

「腸内フローラ」とは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれる腸の中に棲む細菌の生態系を指す言葉

 

その「腸内フローラ」は、良くも悪くも私達の体において機能するものであります。

 

常に良い方向に働いていればいいのですが、もし悪い方へ働いてしまった場合は、ガンや糖尿病、動脈硬化、肥満、肌のシワ、アレルギー、免疫疾患など色々な病気の引き金になってしまいます。

 

できれば、いつも良い方向に作動しておいてもらいたいものですね。

どうすれば、腸内フローラは良い状態に保てるのでしょうか?



まずは腸内細菌について少し学習してみましょう。

 

腸内フローラに棲む腸内細菌たち

腸の中に潜む腸内細菌は大きく分けて、助けになる「善玉菌」と、悪い影響を与えてしまう「悪玉菌」、どちらとも言えず腸内環境次第で良くも悪くもたち働く日和見菌の3つに分類されています。

 


腸内細菌

出典:日本ダルム


 

代表的な善玉菌と言えば、よく聞く乳酸菌です。善玉菌は、悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内の働きを正しお腹の調子を整えてくれたりしています。



健康な状態だと排便につながる「ぜんどう運動」が活発になり、
毎日綺麗に排便が行われます。

 

悪玉菌の代表格が大腸菌です。



悪玉菌は、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など有害なものになります。通常よりも、悪玉菌が増えてしまうと、便秘や下痢などが引き起こり、お腹の調子が悪くなってしまったりしてしまいます。

 

そして、日和見菌はほんとどっちつかずの菌になります。どっちつかずというのは、どちらかの菌に優勢なほうに味方して作用してしまいます。

 

これらの細菌がお互いに食うか食われるかの争いをしながら、共生したり食物連鎖で繋がったりして、まるでひとつの生態系を作り上げるかのように機能しているのです。

 

なので、悪玉菌や日和見菌も含め、すべての腸内細菌がバランス良く存在することで、腸内フローラが豊かになり、良い健康状態が作られるのです。

 

理想的な腸内フローラとは

腸内フローラ



腸内フローラを豊かにするためには、一体どんなバランスが理想的なのでしょうか?

 

最高のバランスは、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7くらいの割合で、善玉菌に加担してくれている状態が良いとされています



このバランスが腸内環境が、機能的に働く黄金のバランス比だと言われてます。

 

健康な人の腸内は、善玉菌が悪玉菌の定着や増殖を抑え、体に入った有害物質を体外に排出する機能が円滑に行われている状態と言えます。


腸内フローラは、とても敏感で、生活習慣や食生活、ストレス、気分などに大きく影響しています。

 

腸内フローラのバランスが崩れてしまうと

腸の調子が悪い

腸内の悪玉菌が優勢になってしまうと、体内に有害物質が増えてしまいます。

 

悪玉菌が優勢な状態になると、すぐに体は反応し、下痢や便秘、肌荒れ、湿疹などを引き起こしてしまいます。



これらの症状はまだ軽いもので、実際はもっとも体の免疫力を低下させていくので、体を老化させていきます。

 

また、がん細胞が生まれてしまうと、それを抵抗するのが免疫機能なので、腸内フローラが低下してしまうとガン発生のリスクを高めてしまう恐れがあります。

 

さらには糖尿病やアレルギーといった病気も、悪玉菌が優勢になってしまうことで、発症しやすくなるので、整腸は日頃から意識しておかなければなりません。

 

腸内フローラを整えるためには

腸を整える

いつまでも「健康でいたい」「キレイで美しく若々しくありたい」と願うのであれば、腸内フローラは豊かに保つことが大事です。

 

腸内フローラを良い状態に整えておくことが、健康な体でいる秘訣です。そのためにも、腸内細菌のバランスを保ち続けなければなりません。



腸内細菌のバランスは、加齢とともに減少していくので、日頃から腸の状態を良くするための行動をしていかなければなりません。


実際に、赤ちゃんが生まれたての時は、体内の99%がビフィズス菌で占められているそうですが、成人になるにつれてその数は減り続け、60歳以上で1%以下になるんです。


大人になるほど病気になる確率が上がるのは、もうほとんど、体に善玉菌がない状態になっているからなんですね。

なので、歳を取るにつれて、腸にいいことをしてあげなければならないのです。

 

腸内の善玉菌を増やす食品を紹介

発酵食品

腸内フローラを整えるためには、大きく2つの食品に分けることができます。

まず1つ目が「プロバイオ」と呼ばれる乳酸菌、ビフィズス菌などの細菌自体を含む食品です。

 

主に、ヨーグルト、ぬか漬け、キムチ、チーズ、納豆などの発酵食品が挙げられます。



そして、もう一つが、「プレバイオ」と呼ばれ、善玉菌の栄養素となる食品
です。

オリゴ糖や食物繊維を含む食材になります。



野菜や豆、海藻、きのこなど食物繊維が含まれる食材になります。

中でも、水溶性食物繊維を含む食材は腸内フローラが好む食材なので、しっかり吸収していくと整腸作用に繋がります。

 

:水溶性食物繊維を含む食材:

水溶性食物繊維を含む食材

 

水溶性の食物繊維を含む食材は、短鎖脂肪酸に変わる食材なので、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源として活躍します。

 

また、短鎖脂肪酸は血流に乗って全身へと運ばれる栄養のエネルギー源にもなるし、悪玉菌の増殖を抑制したり、大腸のぜんどう運動を促進させる働きもしてくれます。

 

短鎖脂肪酸を含む、食材は、我々の健康にとって大いに活躍してくれるものなんですね。いつまでも、病気になりにくい体を作るためにも、しっかり摂取していきましょう。

 

おわりに

いつまでも綺麗に

 

いかがでしたか??

 

「腸」の状態が、健康をつかさどっているといっても過言ではありませんね。



なので、腸内細菌には、いつまでも頑張ってもらわないといけません。私も、しっかりと健康な体を作るために、整腸作用のある食事を意識して行っていきたいと思います。

みなさんも、是非ためしてみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

腸内フローラ 改善

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • メンタルの強い人から学んだ メンタルを強くする方法

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

関連記事

  • 美容と健康にいい “甘酒” の驚くべき8つの効果

  • むくみを解消して美ボディを手に入れるリンパマッサージ6選

  • 【美腸】整腸作用100倍!腸を最強にする「食事術」

  • 注目の美容成分 プレテオグリカンの効果効能を徹底解説!

  • あごニキビはストレスが原因??そのお手入れのやり方大丈夫??

  • 安易に扱うのは危険!?誰のためのもの?ピーリングの正しい知識