1. TOP
  2. 意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと


意外と知らない人が多いお正月の習わしの話。

そもそも、お正月とはなんなのでしょうか? なんで新年は「あけましておめでとうございます」って言うのか? など素朴すぎる疑問に答えていきたいと思います。

スポンサードリンク

正月の歴史

正月は仏教が伝来した6世紀なかば以前より存在する最も古い日本の行事だったと言われています。お正月は元々、本来のお盆と同じく先祖を祀る行事でした。

それから、仏教が広く浸透し、その影響が強くなるにつれてお盆は仏教行事の盂蘭盆会(うらぼんえ)として融合し、先祖供養の行事となり、正月は歳神さまを迎えてその年の豊作を祈る「神祭り」として区別されるようになったそうです。

現在のような門松やしめ飾り、鏡餅を飾るお正月スタイルが確立されてきたのは、江戸時代に入ってからのことなのです。

正月は歳神さまをお迎えする行事

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

正月は家に歳神さまをお迎えし、祝う行事です。歳神さまとは、先祖の神様でもあり、農耕の神様でもあります。

昔から亡くなった人は山の神になり、正月には歳神さまになって、子孫の繁栄をも守ってくれるものだと考えられていました。

年のはじめに、その年の作物が豊かに実り、家族みんなが幸せに過ごせるように山から君臨すると考えられていたのです。

歳神さまは正月の間、それぞれの家に滞在されます。玄関先に「しめ縄」を飾るのは神様がいらっしゃるのに相応しい、神聖な場所でありますよ!という印なのです。

「あけましておめでとうございます」のホントの意味とは

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

一年のはじめの正月は春の始まり、立春とも考えられていて、人々は春の訪れがもたらす生命の誕生を心から喜んでいました。

めでたい➡芽出たい という言葉は “新しい春を迎え芽が出る” という意味があります。

新年に言う “あけましておめでとうございます”と言う言葉は、年が明けて歳神さまを迎える際の祝福の言葉だったのです。

こうして、神様への感謝のことばを人々の間で交わすことにより、心から歳神さまを迎えることを喜び合うのが「あけましておめでとう!」なのです。

元日と元旦の意味は違う

年が明けた1月1日の最初の日のことを元日(がんじつ)と呼びます。”元”は「はじめ」の意味で一年の最初の日を表します。

元日(がんじつ)と元旦(がんたん)はよく混同されて使われていますが、本来は



・元日➡1月1日

・元旦➡1月1日の朝

を意味しているのです。

歳神さまが君臨されるのは「元旦」で1月1日の朝です。なので、歳神さまが来られるまでに大掃除を済ませてお迎えできる準備をしてあげましょう。

余談ですが、元日に掃除をするのは「福を吐き出す」と言い伝えがあるのでご注意ください。

お正月はいつまでのことをいうのか?

元々、お正月は一年の最初の月のことを言いました。しかし、今は年頭の祝をする

・元日から3日までの3日間 ”三が日”

・元日から1月7日、または15日までを ”松の内”

を正月とします。

“松の内”は正月の門松を飾っておく期間のことです。元日から15日まででしたが近年は七草粥を食べる7日頃までを指すようになったと言われています。

また、正月行事の最終日である1月20日までを正月とすることもあるようです。正月料理を食べ尽し、正月用の肴を食べ尽くして骨だけになってしまうことから1月20日は「骨正月」と呼ばれています。

正月飾りの意味と飾り方

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

門松

門松は新年に歳神さまが君臨される時にお迎えするための印です。

「常緑の松は神が宿る木」と考えられ、竹は長寿を招く縁起物として添えられています。

玄関前に左右に飾り、向かって左を雄松(おすまつ)、右側を雌松(めすまつ)と呼びます。

門松は地域によって飾り方や飾る場所は変わるのでその土地の習わしを聞くことをオススメします。

しめ飾り

しめ飾りは家の中に歳神さまを迎えるために清められた場所であることを示す印です。

元々は神社と同じように家の周りをしめ縄で張り巡らせていたのですが、近年は簡略化され今のようなしめ飾りが使われるようになりました。

しめ縄は他にも、神聖な区域を普通の場所と区別するために使用され、災いを防ぐという意味があります。戸口や水道、釜戸にしめ飾りを置くことで、家の中に悪霊やけがれが入らないようにして、一年の無病息災、平穏無事を願うものとされています。

鏡餅

家にお迎えした歳神さまの依り代として鏡餅は飾ります。昔から鏡餅は神様に捧げる神聖な食物として、祝い事や祭りなどに欠かせないものでした。

丸いお餅が2つ重なったあの形は人の魂を模して作られたと言います。そして、お餅を2つ重ねるのは、月と太陽 (陰と陽)を表し縁起が良いと考えられていました。

鏡餅の飾り方は、白木の三方に四方紅を敷いて、裏白とゆずり葉を置きその上に大小の2つの丸餅を乗せ、四手(しで)、昆布、橙を乗せます。

裏白は長寿・夫婦円満、ゆずり葉は家系が絶えない、昆布はよろこび、橙は代々栄えるという願いがあります。

正月飾りはいつまで飾る??

正月飾りはいつからと正式に決まった日にちはありませんが、だいたい12月26日〜28日までには飾るのが良いようです。

年末までに飾ればいいと思う方もいますが、29日の9は「苦」に通じて縁起が悪いとされていて、30日は旧暦の12月30日が大晦日になるため避けたほうがよいと言われています。

また31日に飾るのは一夜限りと言われ、歳神さまに対して失礼な行為と言われています。

門松としめ飾りは地域によってのルールもあるようですが、一般的に七草粥の日の1月7日まで飾ります。

そして鏡餅は1月11日の「鏡開き」までとされています。

まとめ

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

正月は1年のはじまり。

歳神さまを気持ちよく迎え入れられるよう28日までには準備を済ませ、新たな気持で新年を迎え入れられるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

意外と知らなかった!正月の期間や正月飾りのこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • バレンタインプレゼントで彼氏がもらって嬉しいアイデア37選

  • 2016年に国民の中でヒットしたモノ何だった? まとめ!

  • お花見を100倍楽しむ!あると便利なアイテム持ち物リスト

  • 友チョコのお返しはいつが適切?何を贈り返せばいい?

  • 体重100キロのデブが大恋愛の末フラれてしまった、その後に取った行動が面白いと話題に

  • イチローの同僚 ホセ・フェルナンデスの死後に起こった奇跡に世界中が感動!