1. TOP
  2. 「痩たい!」落としにくい皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

「痩たい!」落としにくい皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

ダイエットしても痩せにくいのは、皮下脂肪がついているからだ!

皮下脂肪って?という人の為に言っておくと、脂肪には大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」とがあって皮下脂肪は皮膚の下に集まる脂肪のことです。

皮下脂肪は、内臓脂肪に比べると、落ちにくい厄介者なんで、ダイエットしている人でも半ば諦めてしまう方も多いようです。

しかし、ちゃんとポイントを抑えておけば、しっかり落とせる方法があるんですよ。

そこで今回は、落としにくい皮下脂肪を効率的に落とす方法を7つにまとめましたのでご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

落としにくい皮下脂肪とは?

皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

皮下脂肪を効率的に落とす方法を知る前に、先に知っておいてもらいたい、予備情報をサクッとご紹介致します。

皮下脂肪とは、言葉の通り皮膚の下に集まる脂肪のこと。消費されなかった脂肪として体内に予備燃料として備蓄され、お腹、二の腕、太もも、お尻といった場所につきます。

よく、皮下脂肪は定期貯金、内臓脂肪は普通預金と言ったりもしますね。

わかりやすく言うと、皮下脂肪はコツコツ貯まり、なかなか崩すことができないが、それに対して内臓脂肪はその気になればすぐに使って無くすことができるものという例えです。

これには、脂肪燃焼の仕組みが深く関係しています。

エネルギーとして燃焼する脂肪は内臓脂肪がメインで、皮下脂肪はなかなか燃焼されないので落としづらいのです。

皮下脂肪は、内蔵脂肪と違って色々なところに付いてしまうので、上半身と下半身のバランスがアンバランスになり、体型が洋梨のように見えてしまうため「洋梨型肥満」と呼ばれたりもします。

皮下脂肪を落とすためには、内臓脂肪と違った落とすためのアプローチが必要となります。

皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

皮下脂肪は内臓脂肪と違い、短時間の燃焼ではなかなか落としにくいタイプの脂肪です。まず、食事制限だけでは不可能です。

なので、いずれにしても、根気強く行い、基礎代謝をあげていくことが重要なポイントになってきます。

こちらで紹介する7つの方法をうまく取り入れることができれば、無理なく皮下脂肪を減らすことは可能です。すぐに、諦めてしまうことのないように、頑張って続けていきましょう。

1,有酸素運動

これまでのダイエット法では常に3番手以降に紹介してきましたが、皮下脂肪の場合は、まず有酸素運動から行っていかなければなりません。

有酸素運動と言えば、ジョギング、サイクリング、ヨガ、スイミング、エアロビクスなど心拍数のあがる運動です。

負荷が少なく、持続性のある運動で、酸素を取り入れ脂肪を燃焼させる運動です。あまりハードにやり過ぎると、無酸素運動にとなって脂肪が燃焼しにくくなるので、負荷をできるだけ少なくして行うのがポイントです。

また、有酸素運動をはじめて脂肪が燃焼しはじめるのが、20分後だと言われているので皮下脂肪を燃やそうと思ったらさらに20分必要なのでまずは40分ぐらいを目安に行いましょう。

2,筋トレ

まず、筋トレだけを行うとあまり脂肪が燃焼されません。しかし、筋トレ+有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪を分解する働きが高まるため脂肪が燃焼されやすくなります。

順序としても、筋トレを行ってから有酸素運動を取り入れると効果的です。

効果的な筋トレの方法:参照➡落としにくい腰回りの贅肉を自宅で簡単に落とす6の方法

3,マッサージ

皮下脂肪を落とすためには、運動だけでなくマッサージも効果的です。

蓄積された皮下脂肪は、形を変えていくとボコボコしたセルライトになってしまいます。

このセルライトを消すイメージでリンパを含めたマッサージすることで体から排出しやすい状態にすることができます。

とはいえ、皮下脂肪を落とすにはあくまで補助的な感じなので、マッサージだけでは足りません。

皮下脂肪を落とすためには、筋トレや有酸素運動を組み合わせたメニューを作っていきましょう。

4,ストレッチ

ストレッチは深い呼吸とともにリラックスできる有酸素運動ですので、皮下脂肪ダイエットにとても効果的です。

以下紹介する動画のストレッチは、深い呼吸から、骨盤を矯正し骨格を元の位置に戻す効果があります。

普通に、ヨガクラスの講習を受けているかのような有料級の動画なので、是非実践していただきたいと思います。

5,食事

皮下脂肪を落とすための食事が大切です。自分の基礎代謝や運動量からカロリーの消費量を計算し摂取するカロリーを抑えなければなりません。

この時、カロリーを抑えたいからといって極端に減食するのはオススメできません。栄養を摂らなければ必要な栄養が回らないのと、代謝も上がりません。

基礎代謝が下げてしまっては、脂肪燃焼効率も下げかねてしまうので減食は止めましょう。

食生活に関しては、少し勉強が必要になるので、わかりづらい場合はしっかり3食を食べて、脂肪燃焼サプリで補いましょう。

6,姿勢

姿勢が悪いと、内臓の位置がズレたりして脂肪が溜まりやすくなるので、体を定期的に矯正すると、ダイエットにとても効果的です。

あまり知られていないようですが、姿勢が悪い影響から、脂肪が燃焼されにくくなったり、集中力が途切れたり、血流が悪くなったりすることは往々にしてあります。

一度、整骨院などで診てもらってズレがないか確認することをオススメします。(大概の人がズレてますから)

皮下脂肪を落としやすくするためにも正しい姿勢を心がけましょう。

7,漢方薬

漢方薬を使用することで、皮下脂肪を効率的に落とすことができます。

漢方薬には生薬という自然の力で、代謝を向上させたり、排出させたり痩せやすい体質に改善することができます。

飲み薬ですが、副作用を気にすること無く気軽に使いやすいのが特徴です。

オススメの漢方薬は「防風通聖散」というもので、効果が医学的に認められた医薬品でもあり、お腹についた、邪魔な脂肪を分解、燃焼、排出してくれるので、皮下脂肪対策にかなり効果的です。

18種類の生薬が入っており、脂肪燃焼以外にも、代謝アップ、むくみ改善、便秘、肩こり改善など、様々な効果を発揮してくれます。

おわりに

顔やせマッサージと食事の方法

いかがでしたか?

蓄積されてしまうと落としにくい皮下脂肪。しかし、落ちないからといって諦めることはありません。

今日ご紹介した7つの方法をしっかり実践していただければ落とせないはずはありません。

ただし、皮下脂肪を落とす上で大切なことを忘れてはいけませんよ!

継続して実践すること! 早く落としたいと焦ってしまうこともあるかも知れませんが、皮下脂肪はそんなすぐに落とせる筋肉ではありません。

コツコツ筋肉をつけて、基礎代謝を高めながらしっかり栄養を摂りながら、摂取カロリーを減らしていく。コレが1番の近道です。

無理のないように頑張っていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • 腹筋ローラーがダイエットに効果的!ぽっこりお腹を3週間でバッキバキに!

  • 知らないと確実に失敗するよ!食事制限ダイエット6つの掟

  • セルライトは安易に潰すな!効果的に除去する12コのマッサージ方法

  • 太い二の腕を即効で引き締めて腕を細くする方法

  • 痩せる筋トレにはスクワットが効果的 脳の活性化にも効果あり

  • 【脚痩】1日1分から出来る!ふくらはぎ美人を目指す方法