1. TOP
  2. 驚きのヤセ効果を実感!ヨーグルトダイエットの効果とレシピ

驚きのヤセ効果を実感!ヨーグルトダイエットの効果とレシピ

皆さんヨーグルトはお好きですか??

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトと言えば、たっぷり乳酸菌が含まれていているので、体にいいし、美容やダイエットにも最高だと言われています。また、「風邪を引ひきにくくなった」「花粉症が緩和された」「コレステロール値が下がった」と、症状を緩和させる効果もあります。

そんなヨーグルトはどこでも、簡単に摂取出来るので、世界中で人気のフードとして定着しています。

ただし、そんなヨーグルトも、ただたくさん食べればいいってものではありません。実は、カロリーや脂肪が高めの食材なので食べ過ぎはよくないんですよ。

そんな基本的な情報も意外と知らない人が多いようなので、今回はヨーグルトダイエットについてあらためてどんな効果があるのか? 食べ方や食べるタイミングってどうなのかという疑問について書いていきたいと思います。

まず、ヨーグルトの基本知識!

ヨーグルトの基礎知識

「ヨーグルトは体にいい」もう全世界共通言語になりつつありますね。

その通り!ヨーグルトは「完全栄養食品」と言われるほど優れた食品であり、良質なタンパク質やカルシウム、乳酸菌、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

とくに、乳酸菌やカルシウムが多く含まれているため、腸内で乳酸菌が善玉菌を増やし、悪玉菌はやっつける役目を果たし、胃腸の働きを促進させ体内の消化の助けをおこなっています。

カルシウムの摂取量が増えると、体内の老廃物の排出が促進され、便秘予防やダイエット、生活習慣病予防などにも効果的になります。

乳酸菌

ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は、糖を分解し、酸を生成する腸内細菌の総称を言い、ビフィズス菌をはじめ、乳酸菌だけでも200種類以上あります。

腸内には同時に悪玉菌という悪い菌と、どちらか優勢な菌に肩を持つと言われる、日和見菌が存在していて、腸内で陣地の奪い合いをしています。

この悪玉菌が増えてしまうと、体内の機能がうまくいかずに、血がドロドロになったり、便秘を引き起こしてしまいます。

一方、善玉菌が増えると、体内機能が促進され、血のめぐりもよくなり、腸のぜん動運動を促し排出がスムーズになり、痩せやすい体質になります。

つまり、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内活動を促進させる働きを助けるのです。私達の健康維持に欠かせないのでヨーグルトは体にいいと言われているのです。

乳酸菌によって作られる酸は病原菌や食中菌といった悪玉菌の増殖を抑えたり、目の疲れやかゆみ、花粉症の発生に関与する免疫細胞の活性も抑えてくれるという素晴らしい副次効果があります。

まさにスーパー栄養食品なのです。

ヨーグルトダイエットとは

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトの基礎知識が頭に入れたところで、ここからヨーグルトダイエットの基本的なやり方をご紹介していきましょう。

ヨーグルトダイエットのやり方

ヨーグルトはなるべく朝・昼・夕の食事時に200gずつ摂取しましょう。ただし、食前と食後のどちらで摂るべきかは、求める目的によって異なります。

ただ、乳酸菌は空腹時に摂取すると、胃酸に負けてしまい、なかなか腸には届かなくなるので乳酸菌をより多く腸に届けたいのであれば、食後に食べるのが良いとされています。

しかし、脂肪分解効果のあるカルシウムは、食前に摂る方が吸収率があがります。なので、ダイエット目的なら食前、食後は、どちらも構わないのですが、健康面や便秘を改善したいといった悩みがあれば、腸に少しでも多くの乳酸菌を届けてあげたほうが良いので、食後に食べるほうが良いでしょう。

ヨーグルトを食べる際は、かき混ぜて食べる人をよく見かけますが、かき混ぜるとヨーグルトの中の乳酸菌が減ってしまうと言われています。

出来る限りかき混ぜて食べないほうが多くの乳酸菌を摂取することができます。

また、毎朝食べていると必ず飽きがきてしまいます。そんな時には、食べ方を工夫すると良いでしょう。オリゴ糖や果物、グラノーラを一緒に混ぜて食べると美味しく食べられる上、栄養価も高くなります。

オススメヨーグルトダイエットのレシピ

ヨーグルトダイエット

トッピングして、さらに効果的にヨーグルトダイエットできる方法をご紹介していきましょう!組み合わせを変えれば、飽きずにたくさん栄養を摂ることができます。
体調や気分に併せて、トッピングを換えながら食べると良いでしょう!

☆すりおろし生姜ヨーグルト

すりおろしの生姜と一緒に食べると体を温める効果があります。風邪の時や、体温が寒い時などにオススメの食べ方です。

☆シナモンヨーグルト

シナモンには毛細血管の老化防止や修復効果があります。ヨーグルトにシナモンを振りかけて食べることにより、さらに代謝アップが期待できます。

☆コーヒーヨーグルト

コーヒーには脂肪燃焼効果があります。ダイエットに効果的な食べ方をしたいのであれば、ヨーグルトと一緒に混ぜて食べましょう。ヨーグルトワンカップにインスタントコーヒー小さじ1くらいが適量です。

☆アーモンドヨーグルト

ヨーグルトとアーモンドはとても相性が良く、ビタミンEが豊富なため、美肌に効果的です。また、便通の促進効果も期待できます。アーモンドスライスをふりかけて食べると、スイーツのように美味しく、さらに食べ応えもあって良いでしょう。

☆バナナヨーグルト

バナナもヨーグルトとの相性は抜群です。これまで紹介した中でも抜群に栄養素の高い食べ方です。なぜなら、バナナはオリゴ糖や食物繊維が豊富な食材なので、代謝が下がっている時や、腸の調子が悪いときなどに効果的です。バナナヨーグルトはダイエット、美容にとってもいい食べ方なのでオススメです。

☆塩ヨーグルト

ヨーグルトに塩をプラスすることで、乳酸菌の働きが活発になり、整腸作用をより高めてくれます。トルコでは「アイラン」といって食塩水をヨーグルトにまぜた食べ物が国民食として人気です。塩は出来るだけ食塩を使わず、ミネラルをたっぷりと含んだ岩塩などを使いましょう。

食べるタイミングで効果をコントロール!

飽きさせない ヨーグルト

人間には、一日を通して活動リズムがあります。

例えば、朝は排泄、昼間は栄養補給と消化、夜は吸収と代謝というような。このような体のリズムに合せてヨーグルトを食べることでより、より健康的に食べることができます。

ここからはその「タイミング」についてお話していきたいと思います。

ヨーグルトオススメの食べ時

ヨーグルトは朝食や昼食の「前」に食べることで、カルシウムを効果的に吸収し、胃粘膜を保護する働きがあると言われています。カルシウムを摂ることで、脂肪燃焼を促進が期待できるからです。

そして、プレーンよりも糖を含む食材と一緒に食べると、体内でより吸収しやすくなります。

朝は時間がないというのであれば、「ゴロッとグラノーラ」にきなこをふりかけて食べると早く美味しくいただけます。

ヨーグルトダイエットするなら寝る前が効果抜群!

寝る前に食べるヨーグルト

ヨーグルトダイエットの効果を最大限に発揮させるのは夜、寝る前に食べるのがベスト!



美容目的も、同じく寝る前がオススメです。



よく言われている夜の10時から2時頃は睡眠のゴールデンタイムと言われており、ホルモン分泌が一番活発になる時間帯です。

この時間帯こそ美を追求する女性にとって最高の時間帯なのです。

すると、朝起きた時に体に溜まっていた老廃物をすぐに排泄でき、体調がよくなります。

寝ている間に、腸を働かせ、排泄をスムーズにすることはとても大事です。ヨーグルトはまさにその活動を手助けするのです。

ダイエット中は、栄養が偏らないような夕食をなるべく少量で済ませ、ヨーグルトに置き換えると効果的です。

がっつりごはんを食べてしまう人は、消化に大量のエネルギーを使ってしまうので、ダイエットにはマイナス効果です。

次はさらにダイエット効果を高めるヨーグルトダイエットの食べ方についてご紹介します。

乳酸菌をさらに増やす、ホットヨーグルト!

ホットヨーグルト

ホットヨーグルトと聞いて、「えっ!?ヨーグルトを温めていいんですか?そんなことしたら、不味くならないんですか?」と聞こえてきそうですが、ヨーグルトを温めると通常の冷えたヨーグルトよりも乳酸菌を増やすことができます。

冷たいヨーグルトのほうが美味しいに決まっているのですが、温めて食べるほうが、乳酸菌が増えるので健康やダイエットには効果的なのです。

冷たい牛乳を飲むとおなかを下してしまうという人にはオススメです。


温めたホットヨーグルトを食べるとどのような効果があるのでしょうか?

ヨーグルトを温めて食べることでさらに

 🙂 腸内環境が健康的になるので、老廃物の排出もスムーズになります。

 🙂 中性脂肪やコレステロール値を下げ、美容効果にも期待できる。

 🙂 善玉菌が増えると血中がサラサラになるので、代謝アップに期待できます。

 🙂 乳酸菌が増えることで、善玉菌が増殖し、腸が活発になるので、便秘解消にも期待できます。

 🙂 カルシウムの吸収率がアップします。

 🙂 免疫力を正常に保つ効果があるます

ホットヨーグルトの作り方!

1,ダイエット中は一食約200gが適切な量です。まず、カップにヨーグルトとはちみつを大さじ1杯程度を入れます。(トッピングは一緒に温めても、後に入れも良い。)

2,ラップなしで600wで一分程度温めるだけ。

3,取り出してなめらかになるまで混ぜて、お好みのトッピングを乗せて完成。

注意点

ダイエット中は出来る限り、アルコール類は控えましょう。

ダイエットにオススメ!ヨーグルトを使ってプチ断食

ヨーグルト プチ断食

プチ断食とは1〜2日をヨーグルトのみで過ごす断食法です。これを行うことにより、腸内洗浄、便秘解消や脂肪燃焼、新陳代謝の効果を高め、痩せやすい体質に変えるダイエット方法です。

なぜこのプチ断食がオススメなのかというと、1〜2日ヨーグルトのみで行う断食なので、無理なく続けられ、効果が出やすいからです。

やり方は簡単、月1回、週末の二日間だけ行い、初日の3食と二日目の朝食をヨーグルトに置き換えるだけの簡単な方法です。

この断食の目的は、腸の中をリセットさせることです。

プチ断食の頻度は月に1回、たっぷりと水分補給をしながら行いましょう。断食中のヨーグルトのトッピングは基本的には自由です。バナナは消化、吸収にオススメです。水分補給1日2リットル以上の水を摂取してください。水を飲むことでデトックス効果が高まります。

ダイエットにおすすめの「ヨーグルト」とは

ヨーグルトにも様々な種類があります。ダイエットするなら通常のヨーグルトよりもダイエット効果のあると言われるヨーグルトで実践したいものだと思います。

こちらで厳選したヨーグルトの特徴をご紹介しますので、是非試してみてください。

1,メグミルクナチュレ恵

url-2

乳酸菌が腸の中でも長生きします。内臓脂肪、皮下脂肪が減り、抗肥満に効果があります。

2,ダノンビオヨーグルト

ダノンビオ

生きたまま腸まで届く、高生存ビフィズス菌です。胃酸や腸液にも強く、どのヨーグルトよりも整腸作用が大きいと言えます。

3,カスピ海ヨーグルト

ヨーグルトダイエット

クレモリス菌という乳酸菌が、発酵中にESPという成分を作り出し、他のヨーグルトに比べて、粘り気のあるヨーグルトを作り出しています。血液をサラサラにして、免疫細胞を活性化させ、風邪、インフルエンザの予防や美肌効果や整腸作用の他、血糖値の上昇を緩和させる効果があります。

ヨーグルトダイエットのまとめ

ヨーグルトダイエット 方法

いつ食べても体にはいいんだけでど、ヨーグルトダイエットは、寝る前に食べることが一番効果がでることがわかりましたね。

食べ方やタイミングが変えるだけでも、いろいろな効果が加わります。

今回紹介したレシピは覚えておくだけでも、より効果的にヨーグルトを摂取することができると思います。

私の場合、2週間程度ホットヨーグルトを寝る前に飲むことで、便秘が止まった経緯があるので便秘の人は試してみるといいかもしれませんね。

ヨーグルトダイエットで、理想の体型を手に入れましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • 老化防止に効く!身体にいい簡単食べ合わせ法

  • メンタルの強い人から学んだ メンタルを強くする方法

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

関連記事

  • ダイエットに成功する 食欲を抑える25の方法

  • 超簡単なオリーブオイルダイエット 果たして効果はあるのか?

  • おでんで激太りを解消!上手に痩せるおでんダイエットとは何?

  • すっきりフルーツ青汁って本当に効果あるの? リアルな口コミを集めてみた結果・・・

  • 1週間で−3センチ脚痩せした太ももダイエットのやり方12選

  • 「痩たい!」落としにくい皮下脂肪を効率的に落とす7つの方法