1. TOP
  2. なぜ1月7日に七草粥を食べる風習がある?その由来と七草の意味とは

なぜ1月7日に七草粥を食べる風習がある?その由来と七草の意味とは

なぜ1月7日は七草粥を食べる風習ができたのか?

お正月の最後の日に当たる1月7日は、松の内。お正月に食べ過ぎ疲れた胃腸を休め、無病息災を願いに掛け七草粥をいただく風習があります。余談ですが、この記事を書いている筆者は明け3日目の時点でお正月からの食べ過ぎにより胃腸に異変を感じてしまい、5日にはノロウィルスにかかって完全に胃が崩壊するというハプニングに 笑

この話の続きはまた最後にしますね。

ここでは、古き良き日本の文化である「七草粥の風習はなぜはじまったのか?」について解説しながら松の内を楽しみたいと思います。

なぜ七草粥を食べるようになったの??

なぜ1月7日は七草粥を食べる風習ができたのか?

七草粥の由来についてご紹介していきます。

七草粥を食べる1月7日は「人日の節句」という五節句のひとつにあたります。

ちなみに五節句とは・・・1年に5回ある季節の節目の節句のことで、1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を指します。1月7日以外みんなぞろ目。

人日とは文字通り、人の日と書きますが、実はコレお隣の中国の文化から流れてきたんです。中国の前漢時代の貴族らは、元日から鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀をそれぞれ占い、新年の運勢を見立てたと言います。この7日の日が「人日の日」のが由来だと言います。

さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べ、無病息災、立身出世を祈る習慣があったとされています。

平安時代に入って、中国から多くの風習や行事が日本に伝わってきたのですが、そのひとつが「七種菜羹」であって、元々日本古来の風習であった「若菜摘み」と似ていることから、交わり七草粥が誕生したのです。

若菜摘み・・・年の始めに雪の間から芽を出した若菜を摘み取り食べて生命力をいただくという風習

その後、江戸時代に入ると、幕府が1月7日を「人日の日」として五節句のひとつに制定しました。するとたちまち民衆の間にも、七草粥を食べて無病息災を願う習慣が広まったと言われています。

現代では、お正月に食べ過ぎ疲れた胃腸を休めるために、1月7日の朝は七草粥を食べて新年の無病息災を願うようになりました。

春の七草とその効果

なぜ1月7日は七草粥を食べる風習ができたのか?

では、一番気になる春の七草とその効果について解説していきたいと思います。七草の効果を感じながら、ひとつひとつ噛みしめることで草を感じ、今年一年の無病息災を一層祈ることができますよ! それぞれの意味を添えて届けます。

 🙂 芹(せり)⇒「競り勝つ」

水辺の山菜で香りが良く、食欲増進、胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用など様々な効果があります。体に欠かせないビタミンCやミネラルも豊富ですよ。

 🙂 薺(なずな)⇒「撫でて汚れを除く」

ペンペン草と言う名前で有名な草です。江戸時代には人気の食材だったと言われています。カルシウム、鉄分、ビタミンが豊富に含まれており血圧を正常に保つ効果があるとされています。強い抗酸化作用があるので、殺菌、消炎、止血作用があり、さらには造血促進の効果も期待出来ます。

 🙂 御形(ごぎょう)⇒「仏体」

母子草(ハハコグサ)と呼ばれている草で草餅などに使われています。のどの痛みや咳を沈める効果があることから風邪を改善する効果があります。

 🙂 繁縷(はこべら)⇒「反映がはびこる」

ビタミンA、タンパク質、ミネラルが多く含まれており、目にいいと言われています。昔から腹痛薬として用いられ、胃炎などに効果があります。整調効果、利尿作用、口臭予防もあります。

 🙂 仏の座(ほとけのざ)⇒「仏の安座」

一般的に子鬼田平子(こおにたびらこ)を指しタビラコという言い方をよくします。食物繊維が豊富な生薬として有名で高血圧予防、胃を健康にして食欲増進、痛み止めに効果があります。

 🙂 菘(すずな)⇒「神を呼ぶ鈴」

カブのこと。ビタミンが豊富で美肌効果や胃腸を整え消化を促進する効果があります。胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防する食品として古くから愛されてきた食材です。茎にはカルシウムが豊富に含まれており骨量低下の予防にも期待出来ます。

 🙂 蘿蔔(すずしろ)⇒「汚れのない清白」

大根のこと。ビタミンも豊富で体内の消化を助け、整腸作用があり風邪の予防にも効きます。根の部分はスズナと同様にアミラーゼが多く含まれているので、胃炎や胸焼けを改善する効果があります。

まとめ

なぜ1月7日は七草粥を食べる風習ができたのか?

七草粥に使われる草は栄養価がとにかく高く、整腸作用に効くので、食べ過ぎ飲み過ぎの疲れた胃腸にはとっても優しい食べ物なんです。

現代では、正月明けにでもスーパーや八百屋に行けば七草がセットになったパックが売られているので比較的簡単に手に入るでしょう。

もし手に入りにくい場合は、深く考えずに代用できる青菜を使って作っても良いと思います。

本来のコンセプトは自然界から生命力をいただくためのものですから、実際青菜であれば何でもいいと思うんですよね。笑

私のように7日がくる前に胃腸を壊してしまってはダメですが、そんな人達こそ、七草粥はしっかりと食べるべきでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

なぜ1月7日は七草粥を食べる風習ができたのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Kenjee

Kenjee

<ライターからのご挨拶>

マレーシアを拠点に活動するマーケッター。趣味はサーフィンと食べ歩き。ビールをこよなく愛している。また、健康オタクでもある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 手のひらや甲にできた湿疹がかゆくてたまらない!謎の斑点も出てきたこの原因は?

  • 食べないダイエットは太る!3つの原因とダイエットの正しいやり方

  • どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

  • カジノ王国マカオをグルメ観光で楽しむオススメスポット12選

関連記事

  • マジ食べなきゃ損!ピスタチオは栄養回復の種だった!

  • 風邪にコーヒーは効果的!でも注意しておきたいポイントとは

  • 白ワインを毎日飲むと体にいいと言われる6つの効果

  • オレンジチキンが代名詞のUS発 カジュアル中華!「パンダエクスプレス」が日本再上陸決定!

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

  • 梅酒をもっと早く飲めばよかった!驚くべき梅のポテンシャル!