1. TOP
  2. 忙しいあなたに最適!我慢しないで食べて痩せれるおにぎりダイエットとは

忙しいあなたに最適!我慢しないで食べて痩せれるおにぎりダイエットとは

おにぎりダイエット
「あの憧れの女優さんみたいな体型を手に入れたい。」 女性だったら一度はそう思ったことがあると思います。



「でも、ダイエットってキツそうで自分にできるかな…。」 そう思ってなかなか踏み出せない人も多いでしょう。しかし、誰にでも馴染みのある「おにぎり」で痩せられるならあなたにも出来そうな気がしませんか?



おにぎりダイエットは忙しい人でも手軽に始められるダイエット法なんです。



おにぎりダイエットに関して様々な情報が溢れていますが、おにぎりだけをただ食べれば良いというわけではありません。 おにぎりを食べて効率良く痩せるためには、◯◯が必要なんです。



今回はそのコツをご紹介したいと思います。

効果的なおにぎりダイエットとは?

おにぎりダイエット

ダイエットとは、ただ体重を落とすのではなく、しっかり栄養を摂りながら、健康で太りにくい体を作っていくことが大切!それを可能にするのが、今回ご紹介する「おにぎりダイエット」。



作っておけば、いつでもどこでも食べられるおにぎりは、ダイエット中のちょっとした空腹時に、サクッと食べられる便利な食べ物です。



おにぎりダイエットといっても、おにぎりを主食とするのではなく、小腹が空いた時に食べるのが良い方法です。



ここから、おにぎりダイエットを成功させるポイントをご紹介していきます。

①白米より玄米おにぎりで!

玄米は、白米を精製する前のものなのですが、食物繊維やビタミン、ミネラル、たんぱく質など、たくさんの栄養素が含まれています。



精製された白米は、それらの栄養素が無くなってしまっています。



そして玄米は、糖分の吸収がゆっくりでGI値が低く、逆に白米は糖分の吸収が早くGI値が高いです。



GI値とは、「グリセミックインデックス(Glycemic Index)」の略で、血糖値が上昇するスピードを計ったもの。 ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。



つまり、食べ物に含まれる糖質の吸収の度合いを示し、数値が低ければダイエット中に食べても安心なのです。



玄米はGI値が55と低く、白米は81と高いですから、白米はダイエット中に食べるのは要注意な数値なのです。



GI値が高いと、血糖値の乱高下が起こります。 血糖値が上昇すると、それを下げようとしてインシュリンというホルモンが分泌され、GI値が高いものを食べるとインシュリンもたくさん分泌されます。



インシュリンの働きの一つとして脂肪を作る働きもあるので、たくさん分泌されると肥満に繋がってしまいます。



また、血糖値の乱高下は体にとても負担をかけてしまいます。 食後に眠くなったりすることがありますが、あれは体に負担が掛かっている証拠なのです。

②カロリーよりも栄養素に注目する

特に女性は食事を食べる時や、買い物をする時、カロリーを気にしますよね。 しかし、カロリーはダイエットでそこまで気にする必要はありません。



例えば、カロリーゼロの清涼飲料水。 カロリーはゼロと書かれています。 でもそれ以外の栄養素はほぼ無し。 それどころか、砂糖や人工甘味料、食品添加物がたくさん含まれています。



果たしてカロリーゼロでもダイエットに役立つでしょうか。



カロリーが高くても、栄養が豊富ならエネルギーにすぐ変わりやすいので太りません。お米もそうです。白米よりも玄米のほうが栄養がありますし。



本当に大事なことは、カロリーよりも たくさん栄養が入ってるかなのです。

③おにぎり以外のもの

おにぎりダイエットで、おにぎり以外のものを食べる時は糖質カット、グルテンフリーの食事を意識しましょう。ダイエット中ならば、先に食べないものを決めておくのも有効な手段ですね。



ポイントとしては、糖質が多く含まれている食物や、精製された砂糖や小麦はなるべく食べないこと。これだけでもかなり効果的です。



玄米おにぎりに加えて糖質カット、グルテンフリーのおかずを食べればより効果的に満足のいく食事ができます。



おにぎり以外のものを食べるとするならば、青野菜や根菜類や豆類、お肉を食べるのであれば鶏むね肉がオススメです。



また、甘いものが食べたいときは砂糖が入ったお菓子ではなく、無添加のドライフルーツや果物がオススメです。

仕事や家事などで忙しい時は、サプリメントも併用するのがオススメです。 サプリメントは、普段食事では補うことが難しいビタミン・ミネラル、DHAやEPAなどの必須脂肪酸、豆などから取れた植物性たんぱく質など、手軽に摂ることができます。



おにぎりにプラスしてサプリメントも上手く取り入れながら実践してみましょう。

ダイエットにオススメの玄米おにぎりの作り方

オススメの玄米おにぎりを1つご紹介します。とてもおいしかったのでぜひ作ってみてください。

黒豆ご飯おにぎり

おにぎりダイエット

玄米→ 2合 黒豆→15g 塩→ひとつまみ じゃこ→好みの量 醤油→大さじ1

①黒豆をフライパンで煎る だいたい5分から10分中火で煎る。 黒豆にヒビが入ってきたら火を止め、冷ます。

②米を研ぐ。 ※玄米は、少し水を多めにしないと硬いのと、黒豆を入れるため水を多めにします。

③御釜に、研いだ米と水3合分、少し冷めた黒豆を入れる。 塩を少々入れ、少し混ぜる。 ④2〜3時間つけて、炊く。炊き上がったら、15分蒸らす。

⑤醤油と、じゃこを入れて混ぜたら完成。

おわりに

おにぎりダイエット

出典:アメーバブログ

いかがでしたでか?



おにぎりダイエットを効率よく行うためには、玄米を使って作るのがポイントでした。



せっかくおにぎりダイエットを実践しても、小腹が空いたからと糖質や脂質の多い食べ物を間食に入れてしまうと意味がありませんので気を付けましょうね!

間食するなら、玄米おにぎりを食べる!ぐらいのスタンスでまずは実践されるのがよいかと思います。



おにぎりに使うお米を白米から玄米に変えるだけでも、2週間ほど続けることでお通じに変化が表れると思います。



今日ご紹介したおにぎりダイエットを行うだけでも、太りにくい体質になりますよ。



毎日、お仕事で多忙な方には最適なダイエット法なので、是非おにぎりダイエットを試してみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

おにぎりダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • 風邪にコーヒーは効果的!でも注意しておきたいポイントとは

  • 噂のノニジュースは自律神経失調症に効果的?今すぐチェック!

  • 夜景とビールが最高!大阪至極のバーベキュースポット5選

  • 【凄】栄養満点!「梅干し」に隠されていた驚くべき効能が凄い!

  • なぜ1月7日に七草粥を食べる風習がある?その由来と七草の意味とは

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは