1. TOP
  2. マジ食べなきゃ損!ピスタチオは栄養回復の種だった!

マジ食べなきゃ損!ピスタチオは栄養回復の種だった!

ピスタチオ

みなさんこんばんは!

ピスタチオから失礼します。



イャ!違います! 今夜はウィスキーやビールのアテとして人気のピスタチオの方の話です。

巷では「ナッツの女王」なんて呼び声もあるほうのピスタチオです。



非常に栄養価が高く、ほんのりとした塩味が絶妙で、その食感と味わいは多くの人に好まれる味です。



お酒のアテだけでなく、ジェラートやスイーツにもよく利用されているんですよね。


そんなピスタチオは、食べ過ぎはよくありませんが、適度に食べることで、健康や美容に凄い効果があるのをご存知でしたか?

今回はそんなピスタチオの凄んげぇポテンシャルについて迫ってみたい思います。

スポンサードリンク

pista

ピスタチオの正体

20140407_pistachio-thumb-636x288-100882

www.gizmodo.jp

ピスタチオはウルシ科のカイノキ属の落葉樹から採れるナッツ。



硬い殻の中に、淡い緑色の実があるのが特徴です。



主にカリフォルニアやイラン、トルコ、シリアの乾燥地帯で栽培されていて、日本に入ってきたのは19世紀中頃。

実はナッツ類のなかでも驚くほどたくさん栄養が詰まっていて、いつの間にか「ナッツの女王」とか「緑の宝石」とか呼ばれて、酒のおつまみとしても多くの人に親しまれています。

ピスタチオがなぜ「ナッツの女王」と呼ばれるようになったのか?そのわけは健康や美容にいい効果が沢山あるからです。



他にも、疲労回復、高血圧、貧血予防、眼・・・・・・などと、挙げればキリがないくらい優れた効能がたくさん出てきます。

残念ながら、日本での栽培は気候上難しいとされているので、輸入に頼るしかありません。しかし、今ではどこでも手に入るので知らない人はいません。

ピスタチオの栄養どんだけ凄いねん!?

まずは、ピスタチオ100gあたりに含まれる栄養価を見てみましょう。

エネルギー

614kcal

たんぱく質

17g

脂質

56g

炭水化物

21g

ビタミンE

27.5mg

食物繊維

9.2g

ビタミンB2

0.24mg

カルシウム

120mg



ピスタチオに含まれる有効成分は、食物繊維、カリウム・銅・鉄などのミネラル、必須脂肪酸であるオレイン酸、リノール酸、ルテイン、ビタミンE、ビタミンB1など多くの栄養を含んでいます。

もうこれだけの成分が入っていれば、サプリメントとなんら変わりません。確かに、ナッツの女王ですね。

ピスタチオから得られる驚くべき効能!

shutterstock_215403181

いくら栄養素の話をしたところでも興味のない人にはわからない話。ということで、ピスタチオを食べたら体にいいと言われる効能を紹介します。

1,疲労回復、集中力アップ

ピスタチオに含まれるビタミンB!は糖質のエネルギーの変換に不可欠です。ブドウ糖をスムーズにエネルギーに換えられることで、脳の神経が活発になるので、簡単なことでイライラしたりするのを抑えたり、集中力が増します。

2,便秘解消

ピスタチオには食物繊維が含まれているため、整腸作用を活発にしてくれます。またカリウムも体内の余分な塩分や水分をデトックスする効果や不飽和脂肪酸が、胃腸の働きを活性化するため便秘解消効果が期待できます。

食物繊維を積極的に摂ることは整腸作用に繋がり、肌荒れやニキビなんかの改善効果も期待できます。

3,コレステロール値を抑える

ピスタチオには、オレイン酸やリノール酸といった健康によい脂肪である不飽和脂肪酸も豊富に含んでいます。これらは必須脂肪酸と言って、体内で生成出来ない必要脂肪で体内の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

コレステロール値が下がれば、動脈硬化や高血圧の予防につながり、脳梗塞や心筋梗塞といった生活習慣病の予防に繋がります。

4,高血圧予防、むくみ解消

ピスタチオに含む、カリウムは血液中の塩分、水分を外にデトックスする働きがあるので、高血圧を予防します。

塩分摂取が増えてくると、カリウムが体内で働き、尿と一緒に排泄する利尿効果があるのです。併せて飲むビールにも利尿効果があるので、居酒屋などで食べることは理にかなった食べ方です。

5,貧血予防

ピスタチオには鉄分や銅といった必須ミネラルも含まれています。鉄分は赤血球のヘモグロビンを構成する成分で、体内に酸素を運ぶ重要な役割を果たしています。鉄分が不足してしまうと、ヘモグロビンも減ってしまい貧血を起こしてしまいます。

ピスタチオは貧血予防効果が大いに期待できる食材です。

6,美肌効果

ピスタチオに含まれるβカロチンやビタミンE、ルテインは、強い抗酸化作用があり、体を若返らせる効能があるため、「若返りビタミン」とも呼ばれています。ビタミンEが体内の活性酸素を除去し、肌のターンオーバーを促進する働きがあるため、美肌効果が期待できます。

更に、ビタミンEの効果は肌のツヤを向上させ、シミの発生を防ぐなど、美肌になるための必須ビタミンなのです。

7,眼病の予防

ピスタチオに含まれるルテインは目の健康に関わりのある成分です。ルテインも抗酸化作用があり、紫外線や活性酸素などの外部から網膜に刺激する外敵を防ぐ役割を持っています。

その為、ルテインは白内障予防や、加齢黄斑変性症の予防効果が期待されています。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、体内に吸収するときには同時に脂肪酸が必要です。

しかし、ピスタチオにはルテインの吸収を助ける不飽和脂肪酸も含まれているため、そのまま吸収できます。ナッツの中でもピスタチオは特にこのルテインが豊富に含まれているから、眼病予防に効果があります。

8,薄毛抜け毛予防

ピスタチオに含まれるビタミンB6は美肌を保つための美容効果が期待できます。また、女性ホルモンである「エストロゲン」の代謝を促す作用が含まれているので、抜け毛や薄毛予防も期待できます。

食べ過ぎはよくないけど、適度にピスタチオを食べるのは健康にとってもいいこと。積極的に食べていきましょう。

ピスタチオの美味しい食べ方紹介!(随時更新)

ピスタチオ 美味しい

ピスタチオはナッツやアーモンドの中でも、栄養価が高く、塩気の効いた香ばしい味なので、お菓子やスイーツの材料としても人気の材料です。

普通に殻をむいて食べるだけではもったいないので、様々な使い方を覚えておくとピスタチオがもっと楽しくなります。

1,アイスクリーマーで簡単に作るピスタチオアイス

出典:楽天レシピ_1420001169

薄緑のピスタチオグリーンが爽やかなアイスクリームです。豆腐と牛乳で作ったアイス。

材 料(3~4人分)

  • 牛乳150㏄
  • 豆腐150g
  • ピスタチオ20~30g
  • ハチミツ大さじ2~3

作り方

  1. 牛乳、豆腐、ハチミツをミキサーに入れて白くなるまで回す。(約1分)
  2. 残りのはちみつも入れて20秒回す。
  3. アイスクリーマーに入れてスイッチオン!
  4. 20〜30分回して、羽が重たくなってきたら完成!

アスリートもピスタチオは積極的に重宝している

imgres

ピスタチオは世界中のアスリート達に人気のようです。

というのも、ピスタチオは良質なタンパク質が多く含まれているので、プロテイン代わりにもなるります。運動後の筋肉の収縮や痛みも軽減してくれるので、スポーツ時にもってこいみたいです。

今やランナーとして世界中から注目を集めるウサインボルトもピスタチオがかなり好物らしく、毎日食べていると言っていました。

ピスタチオでダイエットデキるのか?

gpointstudioshutterstock

ピスタチオもナッツだけに、カロリーが高いとダイエットには敬遠されてきました。



が、しかしピスタチオだけはハリウッド女優さんからモデルさんたちにも大人気のようです。

その理由は栄養価が非常に高いからでしょう。確かにカロリーは高くても、他の栄養素がカバーできるので、結果的には健康にいいのです。

ダイエット目的で食べる場合は、小腹が空いた時に少し食べるのが効果的だそうです。ダイエットを意識していると、食べる量をみんな減らしすぎなので、よく小腹が空きますよね?

そんな時に10粒程度食べると、空腹感を感じることなく、さらに必要な栄養素が摂取できるのです。

ナッツには不飽和脂肪酸という良質な油が含まれ、満腹中枢を刺激し、腹持ちを良くしてくれるのです。たった数粒で、栄養が取れる上に腹持ちがいいとくれば使わない手はありませんね。



但し、食べ過ぎは要注意なので気をつけてくださいね。

ピスタチオのすゝめ

 url-1

ピスタチオはいかがですか?



まさに天然サプリメント級ですよね。

女性にとって嬉しい美容効果があって、健康面でもコレステロール値を下げてくれるまさに神食材です。



「な〜に悩んでいるんですか!上司にオススメです。」と差し出すだけでも、株をもらえるでしょう。是非、積極的に食していきましょう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

ピスタチオ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • 夜景とビールが最高!大阪至極のバーベキュースポット5選

  • 白ワインを毎日飲むと体にいいと言われる6つの効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

  • コーヒーは飲むだけじゃない!料理人が密かに行っている活用法

  • オレンジチキンが代名詞のUS発 カジュアル中華!「パンダエクスプレス」が日本再上陸決定!

  • 風邪にコーヒーは効果的!でも注意しておきたいポイントとは