1. TOP
  2. 歳のせい?それとも運動不足?四十肩、五十肩原因と具体的な治し方

歳のせい?それとも運動不足?四十肩、五十肩原因と具体的な治し方

五十肩

肩が急に痛くなって上がらない・・・

 

普段から健康には気を使っているのに、急に肩が悲鳴をあげ大変な思いをしたことはありませんか?

 

肩の痛みとともに腕が上がらなくなる四十肩&五十肩は、痛み以上にとても辛い思いをしてしまいます。

 

ということで、今回は四十肩&五十肩の症状や原因、それと発症してしまった時に自分でできる具体的な治し方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

四十肩&五十肩の症状

五十肩 四十肩

以前は50代になると発症することが多かったので、「五十肩」と言われていましたが、最近では30代、40代といった層にも増えてきたので「四十肩」とも呼ばれています。いずれも症状は同じものです。

 

発症すると、肩から腕にかけて急に痛みだします。じわじわと前兆のような痛みからくるものもありますが、発症すると、少し動かすだけでも鋭い痛みを感じようになります。

 

多くの場合は、肩の可動域が狭くなり、痛みとともに腕が上げられなくなります。短いものは、一週間程度で痛みは和らぎますが、多くの場合は、治療しながらも数ヶ月〜半年と続いてしまいます。

 

また、痛みが治まったとしても、しっかりとリハビリをしないと以前のように肩を動かせる可動域が狭まったままになります。しかも、無理に動かそうとするとかえって傷めてしまうこともあるので、正しいリハビリの方法を理解しておくことも大切です。

 

四十肩&五十肩の原因

四十肩&五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と診断される症状です。これは、肩周辺の血流が悪くなることで、炎症や腫れが発生し、その結果肩の関節が上手く動かなくなり、無理に動かすことで痛みが出てきてしまうというものです。

 

これは、関節を包んでいる「関節包」という部分がダメージを受けており、損傷した組織が腫れて肩の動きを妨げることで痛みを発生させています。

 

この図のように、肩関節の腫れや炎症で引き起こります。そのダメージの原因は、肩を酷使しすぎていたり、逆に使わなかったり、姿勢が悪かったりと、日常生活、仕事、生活習慣の中でも色々と考えられます。

 

私の友人で、1日に30人以上の患者さんを診る整体師さんいわく、四十肩&五十肩に発症してしまう多くの方は、

 

・背骨が曲がっている

・胸骨(肋骨まわり)の筋肉が硬くなっている

 

という方が多いと言います。なので、治療を行う上でも姿勢の改善と肩や胸筋周りの筋肉の治療を併せていくことが多いそうです。

あなたは大丈夫?四十肩&五十肩のチェックポイント

 

肩に痛みがある30代〜60代の方で以下のポイントに当てはまる場合は五十肩の可能性、または今後五十肩になりやすいと考えられます。

 

・肩周りの動きが悪い。

 

・肩甲骨がゴリゴリなる

 

・仕事などで1日中PCを使っていて肩がこっている

 

・呼吸が浅い

 

・運動不足

 

・姿勢が悪く感じる(猫背、腰曲がり、ねじれなど)

 

1つでも当てはまったら、今は大して気にすることはない程度だとしても、一度診察を受けることをおすすめします。

 

四十肩&五十肩の病期は

五十肩 四十肩

四十肩&五十肩を発症してしまうと、日常生活が支障なく過ごせるように回復するまでには1年程度かかります。

 

病期に関しては、大きく以下の3つに分けられます。以下の前提知識を参考にして、リハビリのやり方も変えていかなければならないでしょう。

 

<四十肩&五十肩の病期>

急性期(発症から2週間)・・・激しい痛みが四六時中続きます。この時、は寝ても起きても1週間ほど痛みが続くので、固定して安静にする意外ありません。

 

拘縮期(急性期後6ヶ月くらいまで)・・・急性期のときほど肩の痛みはなく、落ち着いている感じですが、関節は炎症を起こし腫れているので、無理に動かそうとすると痛みます。

 

回復期(発症後半年〜1年)・・・痛みは少し残りますが、肩の動かせる範囲は次第に広がり日常生活ではほとんどのことが、支障なく過ごせるようになります。

 

四十肩&五十肩の治し方

五十肩 四十肩

まず、先程のチェックポイントに該当した方、すでに四十肩&五十肩かな?と感じた方は、自己判断で終わらせず、病院で診てもらいましょう。

 

というのも、四十肩&五十肩だと思っていても、実は違う症状だったということがよくあるからです。

 

で、もし四十肩&五十肩だった場合は、医師からの的確な指示を受け、正しいリハビリの方法を教えてくれたりするでしょう。

 

自己判断での解決はかえってよくない結果を生むことが多いので医師に診てもらいましょう。

 

急性期直後の対処法

 

急性期は発症直後なので、激しい痛みが1日中続いてしまいます。寝ても覚めても痛みがあるので、痛み止めを使って和らぐまでは安静に過ごしましょう。

 

とにかく、安静です。痛み止めを飲んで安静にしましょう。その間に、痛みや腫れを抑えるには、アイスパックなどを使って、局部を冷やすことも有効です。

 

この場合、3〜4時間おきに20分程度を目安に冷やしてください。冷やしすぎると、かえって感覚が無くなってしまうので気をつけてください。

 

拘縮期の対処法

 

慢性的な炎症で、時折痛みを感じる拘縮期は、痛みを伴う場合にはアイシングを行いましょう。

 

痛みが引いてきたらできるだけ動かしたほうが良いですが、回復をはやまるばかりに無理に動かしてしまうのは禁物です。痛みを我慢して動かし続けると、かえって炎症を悪化させるので注意が必要です。

 

拘縮期の場合、症状を緩和させるためには、日常生活の中で、胸部や肩周り、肩甲骨の動きを和らげる軽いストレッチを取り入れると効果的でしょう。

 

ここでは、拘縮期の四十肩&五十肩を改善する軽度のストレッチ法をご紹介します。

 

 

※筋トレTVさんの動画ですが、四十肩&五十肩の改善ストレッチにとても効果的な方法ですので安心して取り組んでみましょう。

 

回復期の対処法

 

拘縮期を越え、腕をあげても痛みもあまり感じなくなってきたら、徐々にストレッチに+筋トレを入れてみましょう。

 

ストレッチポールを使ったエクササイズは、同時に姿勢を矯正する効果があるためオススメです。ぜひストレッチポールを購入して実践してみてください。

 

※ストレッチポールはアマゾンで1500円〜3000円程度で購入できます。

 

以下にストレッチポールを用いたエクササイズを紹介します。

 

その1

その2

以上が、四十肩五十肩の改善方法です。痛い時は冷やす。そして、改善してくならば、肩周り、肩甲骨、肩関節あたりの筋肉を和らげ、血行を良くするイメージで行って行きましょう。

 

医師からの指示と併せて参考にしてみてください。

おわりに

五十肩 四十肩

いかがでしたか?

 

四十肩&五十肩は、五十肩が過ぎたから発症するというものではありません。肩を酷使して動かしていたり、逆に全く動かさなかったりすると、年齢に関わらず発症する可能性があります。

 

しかし、世間一般的な認識は、歳が原因で発症してしまうイメージなので、放置してしまいがちです。

 

四十肩&五十肩かな? もしくは肩が痛い、上がらないなと思ったら、自己判断しないでまずは医師に相談してみましょう。

 

四十肩&五十肩には、適切な治療が、早期回復に繋がります。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

五十肩 四十肩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Kenjee

Kenjee

<ライターからのご挨拶>

マレーシアを拠点に活動するマーケッター。趣味はサーフィンと食べ歩き。ビールをこよなく愛している。また、健康オタクでもある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 手のひらや甲にできた湿疹がかゆくてたまらない!謎の斑点も出てきたこの原因は?

  • 食べないダイエットは太る!3つの原因とダイエットの正しいやり方

  • どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

  • カジノ王国マカオをグルメ観光で楽しむオススメスポット12選

関連記事

  • これってノロウィルス??急な胸焼から吐き気を感じた時

  • 季節の変わり目に起きやすい肌のかゆみ。抑えるにどうする!?

  • 食べ過ぎは危険!?体をつくるタンパク質の過剰摂取はよくない??

  • 止まらない手汗の原因を徹底解説!速攻で止めた方法

  • 健康な体を作る バランスのとれた食事とる簡単なコツ

  • 足つぼマッサージは本当に健康にいいの?その効果に迫ってみた!