1. TOP
  2. 老化防止に効く!身体にいい簡単食べ合わせ法

老化防止に効く!身体にいい簡単食べ合わせ法

食べ合わせダイエット

・健康に気を使うなら食べ合わせに注意しよう!

 

そんな話を聞いたことありませんか?

 

実は、毎日食べる食事の食べ合わせ方は、バランスよく摂ることで、栄養が2,3倍も高く摂れるので、ダイエットや免疫力、また認知症予防にもなることがわかっています。 その一方、食べ合わせが悪いままだと、消化に負担をかけたりするので、体調を崩す原因になってしまうことがあります。

 

そんな観点から、最近では食事の食べ合わせ方を、意識される方も増えてきました。でも、実際はよくわかっていない人がほとんどですので、今回は体の老化を防ぐ食べ合わせ方を紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

食べ合わせ

 

食べ合わせは意外と結構昔から注目されていました。いつ頃からからかと言うと、実は平安時代に遡ります。

平安時代に書かれた医学書「医心方」に記述されていましたす。

もう1000年も前の話ですね。

その後、一般に浸透していったのは、富山の薬売りが「体に悪い食べ合わせ」を書いたチラシ書いたことだそうです。

薬を購入したお客さんにチラシを配って啓蒙していたのです。

 

↓↓↓↓↓そのチラシ↓↓↓↓↓↓

 

チラシを見てみると、梅干し✕うなぎ、スイカ✕天ぷら、タコ✕柿、カニ✕なす と書いてありますね。

先人達の言い伝えとして古く平安時代から残ってきたデータだそうです。

 

身体にいい食べ合わせ方

 

そこで今回は食べ合わせに詳しい、「原宿リハビリテーション病院 名誉委員長 林泰史先生より情報をいただきました。

骨粗鬆症の治療の第一人者であり、食事療法の重要性を記した著者さんでもあります。

 

本⇒「老いない食事力」・ 「老いない技術」  といった食べ合わせに関する本を数多く執筆されています。

 

老化防止や健康には「食べ合わせ」が大きく関連しているようで、意識することで体をいい状態に繋げていけると言います。

早速どんな食べ合わせが良いのかご紹介していきましょう!

 

健康に良い食べ合わせ:1

トンカツ✕キャベツ

食べ合わせダイエット

脂肪が気になる肥満気味の人には非常にいいのがとんかつ✕キャベツの組み合わせです。

 

豚肉には沢山の脂肪が含まれていますが、キャベツと一緒に食べることによって、キャベツの食物繊維が胃と腸で吸着してくれるので、体に取り込まれる脂肪は少なくなるそうです。

 

キャベツに千切りにしたほうが消化に良いそうです。

 

キャベツを千切りにすることで、繊維の表面が余計に表れるので、食べたときに胃の中が繊維だらけになって脂肪を吸着してくれるようになるからだそう。

キャベツととんかつは医学的にも理にかなった食べ方だったのです。

 

健康に良い食べ合わせ:2

酢豚✕パイナップル

豚肉に含まれるタンパク質は、もともと鎖のように繋がっています。

パイナップルには消化酵素が豊富に含まれており、その消化酵素がタンパク質の鎖を素早くアミノ酸へと分解してくれるのだそうです。

タンパク質は摂取しても分解されないと何の役にも立たないと言います。アミノ酸はタンパク質が分解された小さな物質で、私達の体はほとんどがアミノ酸からできています。

 

タンパク質として口に入った食物がアミノ酸へと分解されて、体内で再び結合し、筋肉や血管、内蔵、靭帯、スジ、皮膚、髪の材料になり、さらに体を健康な状態に保つ働きをしているのです。

 

逆に、アミノ酸が不足してしまうと、体調不良、肌荒れ、老化の原因になります。

ちなみに海外では、、、

 

肉とフルーツの食べ合わせは一般的でだそうです。

 

例に挙げるなら、、、



 

ソーセージ✕フルーツジャム

ハンバーグ✕パイナップル  など。不思議な組み合わせをたまに見かけますね。

健康に良い食べ合わせ:3

生ハム✕メロン

 

食べ合わせダイエット

生ハム✕メロンの組み合わせは医学的にも非常に良い組み合わせだそうです。

その理由は、生ハムは発酵させて作っているため、すでにタンパク質が部分的に分解されていて通常の豚肉よりアミノ酸が増えた状態だからだそうです。

 

さらにメロンには消化酵素が豊富に含まれているので、生ハムのタンパク質を効率よく分解してくれるのです。

また、メロンにはカリウムが含まれているので生ハムの塩分を体外に排出してくれる役割をするので、高血圧を予防して、老化防止に役立つと言われています。

 

このように、普段何気なく食べている食べ合わせにも、驚きの健康効果があるとわかると嬉しいですね。

 

栄養士が勧めるおすすめの食べ合わせ方とは

食べることだけで健康になれないかを究極に突き詰めたら「食べ合わせ理論」に辿り着くそうです。

というのも、食べ合わせは、病気を治す、あるいは予防する、健康レベルをあげるなどの効果が実証されてきているからです。

 

以下の食材はフレキシブルにミックスしても相性のよい組み合わせになります。

 

 

体を温める食材・・・鶏肉、にんにく、ごぼう、納豆、ねぎ

体を冷やす食材・・・トマト、キュウリ、ナス、豆腐、わかめ

 

わかめとネギの味噌汁は、とてもバランスの良い食べ合わせになります。

 

納豆✕しらす

しらすに含まれるカルシウムの吸収を納豆が助けるということで、このコンビが骨粗鬆症を予防する最強の食べ合わせになります。

 

骨粗鬆症は骨の密度がもろくなる病気で、推定患者はおよそ1280万人もいるとも言われています。

とくに女性に多く、今では4人に1人は患っているとも言われている病気ですが、このコンビが予防また、改善に良い食べ合わせだと言うので是非積極的に取り入れていきましょう。

 

 

栄養士が勧める目的別 食べ合わせ法

 

食べ合わせ

疲労回復に効く

肉✕わさび

牛の筋肉に入っている疲労回復のアミノ酸を吸収したい。疲労素(体の老廃物)は溜まるということだけじゃなくて色々な組織に傷が作ってしまうのですが、アミノ酸はその傷を修復する役目をしてくれます。

 

しかし、肉の脂の多いものは体調によって胃もたれしてしまうことがあります。この胃もたれを防いでくれるのがわさびなのです。わさびは胃の働きを良くして、消化吸収を助け早く回復できるように体を支えます。

 

わさび自体には辛味成分、アリルイソチオシアネートが消化液の分泌を高め、消化吸収を助け血液の循環を良くしてくれる効果があるので、お肉からとった有用なアミノ酸を全身に運ぶ働きがあります。

 

わさびが消化を助け、お肉は疲労回復効果を十分に引き出してくれます。

 

インフルエンザ予防・免疫力UP

ブロッコリー✕アーモンド✕レモン

 

アーモンドにはカルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルがバランス良く含まれています。これらのミネラルは免疫機能を高めてくれるため風邪やインフルエンザの予防になります。しかし、ミネラル分だけでは体に吸収されにくいのでここで食べ合わせを使います。

 

その食べ合わせに使うのがレモンの果汁です。アーモンドにレモンの果汁を加えてあげることでクエン酸がミネラルを包み込み、吸収率をグッとあげる効果があるのです。また、ブロッコリーには粘膜を強くするビタミンCが豊富で、アーモンドとレモンとの相性も良くこの3つを組み合わせることで、栄養満点のサラダの出来上がります。

 

ということで、免疫力を高めインフルエンザ予防になる食べ合わせはアーモンド✕レモンということです。

 

認知症予防

サバ✕抹茶

サバやイワシ・アジ・サンマなどの青魚には脳を活性化し、認知症を予防するDHAが豊富に含まれています。

 

しかし、DHAは熱に加えると酸化しやすい弱点があります。その弱点を補うのが抹茶ということでした。

 

抹茶にはポリフェノールというコレステロールの酸化を抑えてくれる抗酸化作用の強い作用があります。ポリフェノールの一種であるカテキンに強い抗酸化作用があるんですね。

 

この抹茶でサバの表面をコーティングすることでDHAを酸化から防ぐことが期待できるとされています。

 

さらに抹茶がうまみを閉じ込めるためより美味しくなるそうです。サバの表面に抹茶をこし器でまんべんなくふりかけて焼くだけで、認知症にオススメサバの抹茶焼きの出来上がりです。

 

他のイワシ、アジなんかにも応用が効くということです。

 

今すぐできる簡単な食べ合わせ法

cc

焼き魚×大根おろし

 

焼き魚と大根おろしを一緒に食べるというのは定番だと思いますが、魚が焦げた時にその焦げた部分には小なりの発がん性物質があると言われています。

 

しかし、大根おろしというのはその発がん性物質を中和するという作用があるので、この食べあわせ方を考えた昔の人の知恵はすごいですね。

 

 

ネギ類×豚肉、レバー

 

またネギ類やにんにくに含まれるアリシンとか硫化アリルは、疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を凄く助けてくれる成分だと言われています。

 

ビタミンB1の多いものは豚肉であったりレバーであったりします。

 

ネギ全般✕ビタミンB1だったら何を思い浮かべますか??

 

レバニラだったり、餃子、チャーシューというメニューが浮かびます。これらは健康効果をアップさせる食べ合わせでした。

 

 

豆腐✕きのこ

 

骨を丈夫にする栄養素は6つあります。

 

その中で豆腐に含まれているのは、カルシウム、イソフラボン、ビタミンK、マグネシウム、タンパク質です。唯一足りないのがビタミンDなんです。しかし、そのビタミンDが入っているのがきのこなので、豆腐×きのこで骨にいいカルシウム6つが全部摂れるのです。

 

豆腐のように噛まなくても食べやすいものにきのこを入れるとしっかり噛むようにもなるので、吸収が良くなり相乗効果を期待出来る食べ合わせでした。

 

皮ごとラフランス×エゴマオイル

 

果物の皮にはポリフェノール、オメガ3のエゴマオイルは炎症を抑えてくれる抗酸化作用があるので、美肌効果や整調作用、そして老化を防ぐ効果があると言われています。

 

エゴマオイルはそのまま口に入れると少し生臭さを感じる人もいるのですが、果物のさっぱりした味がえごまの生臭さを打ち消してくれるようです。

 

相乗効果はものすごくいいそうです。果物の代わりはブドウやイチジクなんかもいいとのことでした。

 

 

ダイエット&老化防止の簡単スープ食べ合わせ法

食べ合わせダイエット

食事の栄養バランスを整えれば細胞レベルから健康になり、病気を改善・予防したり出来ると言われています。ここからご紹介している食べ合わせ方は、薬に頼ること無く病気を改善したり予防したりする治療法にも活用されているそうです。

 

食生活の見直しを行い、病気の改善につなげる治療法として近年注目を集めている「栄養療法」というものです。栄養療法では、細かな血液検査を行った上で足りない栄養素を調べだし、そこから食事の指導、医療サプリメントなどで患者の栄養バランスを改善しているそうです。

 

その先生が教える、1日1食、スープを加えるだけで栄養バランスが格段にあがる簡単スープ食べ合わせ方を紹介してくれました。

 

1日1食食べ合わせスープのルールとは

 

1,植物性タンパク質と動物性タンパク質を一緒に食べること

タンパク質をいかに効率よく摂取できるかを重要視します。タンパク質の効率はアミノ酸のバランスになるのですが、植物性タンパク質にちょっと動物性タンパク質を混ぜるのがバランスがいいようです。

 

植物性タンパク質の利用効率をあげるは、動物性タンパク質と食べ合わせすることだそうです。

 

ここはメモっておいたほうが良さそうですね。

 

理由は動物性タンパク質ばかり食べると腸に負担がかかってしまうからなのです。そこで、十分なタンパク質をとるには植物性タンパク質(大豆、豆腐、納豆など)と一緒に食べることが大事なのです。

 

2,タンパク質と大量の野菜を同時に摂ること

 

スープで食べる利点はタンパク質とたくさんの野菜を同時に摂取できる、食べ合わせが良いという利点があります。それから、必要な野菜の栄養素が溶け出したスープの成分も摂れるので、とても効率よく栄養の吸収ができるようになっています。

 

厚生労働省によると、私たちが1日に摂るべき野菜の量は350g以上が好ましいとされています。とはいえ、これだけ摂るにはちょっと大変です。しかし、スープにすれば沢山の野菜を無理なく摂取できるので、スープ食べ合わせ法をオススメしています。

 

牡蠣と豆乳の痩せやすくなるダイエットスープ

 

牡蠣✖️豆乳

xc

痩せやすくなるダイエットスープ

動物性タンパク質・・・水入り袋牡蠣

植物性タンパク質・・・豆乳

 

ダイエット中にしっかりタンパク質を摂ることで太りにくい、脂肪を燃やしやすい体に換えることができます。ダイエット中に大切なのが適度な運動を行いながらタンパク質を摂ることで、筋肉は落ちずに基礎代謝がアップ、太りにくい体質になるんです。

 

さらに牡蠣に含まれる鉄分やビタミンB群は糖質や脂質を燃やすために必須の栄養素なので、脂肪を燃焼しやすくダイエット効果の一層アップが期待出来ます。それから牡蠣に含まれる鉄分は酸素を全身に供給して基礎代謝をあげるために必要不可欠な栄養素。つまり牡蠣はダイエットに超オススメの食材なんですね。

 

今が旬のプリプリの牡蠣に植物性タンパク質である豆乳を混ぜると、まろやかな美味しい味わいでしっかりと栄養が摂れる最高の食べ合わせ法です。

 

【材料:4人分】

牡蠣・・・400g

ほうれん草・・・2束

シメジ・・・1株

酒・・・大4

ごま油・・・大2

ショウガ・・・2かけら

鶏ガラスープ・・・4カップ

豆乳・・・4カップ

味噌・・・大1

塩・・・少々

【作り方】

①鍋にごま油と熱し切ったほうれん草とシメジを炒める

②鶏ガラスープとショウガを加えて一煮立ちさせる

③豆乳と味噌を加えて、下ゆでした牡蠣とほうれん草を入れて軽く煮る

イワシと豆乳の脳の老化防止スープ

健康に良い食べ合わせ:12

イワシ✖️豆乳

ggg

動物性タンパク質・・・イワシ

植物性タンパク質・・・豆腐

 

食べるだけで脳の老化を防ぐスープ。脳の老化防止にはEPAと呼ばれる、オメガ3系の油がとても大事です。このオメガ3の油は血液中のコレステロールなどを減らし、血液をサラサラにして血行を改善させる効果があるので、全身の細胞にしっかり栄養を供給させます。

 

イワシにはそのEPAが豊富に含まれているのです。

 

さらに豆腐に多く含まれる成分「レシチン」には体内の細胞膜を構成する成分で、十分に摂取することで脳の老化を防ぎ、認知症の改善なども報告されています。

 

イワシのEPAと豆腐のレシチンをまるごとスープでいただくことで体も温まり、老化を防止できるのでこれからの時期にぴったりのスープです。

 

【材料:4人分】

マイワシ・・・8尾

ダイコン・・・1本

木綿豆腐・・・1丁

長ネギ・・・2本

梅干し・・・中4コ

水・・・2カップ

酒・・・1カップ

塩・・・適宜

しらす干し・・・30g

【作り方】

①イワシは頭をとってぶつ切りに。

②鍋に水・酒・イワシを入れて一煮立ち

③ダイコンおろしと梅干しを加える

④いわしに火が通ったら長ネギ・豆腐・しらす干しを加える

超カンタン食ベ合わせ法

たまご✖️納豆

先ほどレシチンが脳の老化の予防にいいと出てきましたが卵の黄身にも卵黄レシチンがあって、それと納豆に含まれる大豆レシチンを同時に摂ると記憶力の改善に役立つそうです。

記憶や学習に重要な神経伝達物質アセチルコリンの原料にはレシチンです。たまご✖️無っ乙からは動物性タンパク質、植物性タンパク質、同時にレシチンも摂れるので最強の組み合わせと言われます。

脳の老化、記憶力の向上につながるそうです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

色々な健康になる食べ合わせ法がありましたね。

 

どれをとっても美味しいそうな食べ物ですので、どれから料理しようか迷います。

 

みなさんも是非試してみてください。

しかし、食べ合わせはこれだけではないので、これらを参考にまた色々と広げていくことも大事です。何かに偏ってしまうのではなく、バランスよくいろんな種類を食べるのが一番大事です。

 

健康を意識して色々食べていけばいろんな組み合わせが見つかると思うのでどんどん知識の幅を広げて健康になっていきましょう。

 

オススメ記事⇒ 【納得!】ダイエットを失敗してきた人が語る 痩せられなかった理由

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • 老化防止に効く!身体にいい簡単食べ合わせ法

  • メンタルの強い人から学んだ メンタルを強くする方法

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

関連記事

  • ちょっと待った!その糖質制限は大丈夫?知っておきたいメリット&デメリット

  • 止まらない手汗の原因を徹底解説!速攻で止めた方法

  • 健康な体を作る バランスのとれた食事とる簡単なコツ

  • 筋肉を作る源!タンパク質を徹底解説・ 効果的な摂取方法とは

  • 美容や体に欠かせない、良質な 油(オイル)を徹底解説

  • 季節の変わり目に起きやすい肌のかゆみ。抑えるにどうする!?