1. TOP
  2. どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

今日は、笑ってしまうほど、楽しく生きるために、タフに生きる方法を話したいと思います。

 

まずタフに生きるために、1番いいのは肉体を鍛えることだと思います。

 

つまり肉体をトレーニングして鍛えるということです。なんといっても、一生懸命働いて、難しい壁をクリアしていったり、人生を楽しく生きていくためには、体がものを言うと思っているんですね。

 

わかい頃は、こんな事意識しなくても、タフで元気で体もパキパキ動くと思うんですよ。

 

でも、ある程度歳をとってくると、だんだん体力も衰えてきて、タフさがなくなってくると思うんですよね。

 

それで、精神的に参ったり、感情的にまいったりして、仕事がうまくいかないぞ!って人がかなりいると思うんですよね。

 

で、体が良く無くなってくると、精神状態も悪くなってしまって、うつっぽくなって、朝も起きれなくなってしまったり、思いもよらないことが起こってしまったりしてしまいます。

 

なので、本当に楽しく、稼いで行くためには、タフな体を作って行く必要があると思うんです。

 

スポンサードリンク

自分にあったトレーニング方法を選ぶ

肉体を鍛えると、みるみる体っていうのは変わってきます。つまり、トレーニングをすると一気に体がたくましくなる感じになります。

 

トレーニングして体を鍛えるとたくさんいいことがあるのですが、悪いことはあまり思い浮かびません。なんかこう、心地よい疲れとか、それがあるくらいで、どうしても思いつかないです。w

 

強いて言えば、モテすぎて仕事をやっている場合じゃないぞっていう感じになります。

 

では、どういうトレーニングをやったらいいのか、教えて行きたいと思います。

 

どういうトレーングが、1番いいのかと言いますと、自分にあったトレーニングがいいです。

 

自分にあっていないトレーニングをするのは、やらないということです。好きでもないことは、苦にしかならないからです。

 

なので、私はマラソンが好きではないので、長距離を走ったりはしません。時間をかけて、だらだらとかではないけど、走るのとか本当に嫌なんですね。

 

あとは大丈夫です。

 

サーフィンしたり、スノーボードしたり、スケボーしたり、水泳したり、短距離走ったり、鉄棒したり、・・・

 

何やっても大丈夫です。

 

でも、今挙げたスポーツは、いつでもどこでもできるわけではありません。

 

道具も必要ですしね。

自宅でタフになるオススメトレーニング4つ

じゃぁ家で、どういうトレーニングをやっていけばいいのかって言うことなんですが、それを今からお伝えしたいと思います。

 

多分あなたができるトレーニングは、これからお伝えする4つのトレーニングの中から選べると思います。

 

1、筋トレ

2,ヨガ

3,体幹トレーニング

4,ジョギング

順番とかどうでもいいんですけれど、このどれかを毎日続ければ、肉体的に進化し続けていけるのではないかと思っています。

 

それでは、一つずつ説明していきます。

 

1、筋トレ

筋トレやるっていっても、ダンベルやるとか、大層な器具を用意する必要はありません。ジムに行ってやるっていうのもいいんですけれど、まずは家でやることからはじめていいと思います。

 

ジムにいけば、ジムに行くお金もかかるし、行き帰りの時間もかかりますよね?

 

ですから自宅でやるってことがイイと思います。自宅だと、1畳のスペースもあれば出来ますんで。

 

何をやれば良いのかと言うと、この3つになります。

 

1,スクワット

2,腕立て伏せ

3,腹筋

 

わたしがやり始めたのも、この3つですけども、今では腕立て伏せ100回とか、腹筋も100回、スクワットはあまり好きではないので、50回とか、それくらいはできます。

 

そこまでやらなくても、やればかなりガッチリしてくると思います。最初は、10回とか目標にして、コツコツ回数を増やしていくのが良いと思っています。

 

スクワット10回、腕立て10回、腹筋10回これを3セットづつ。細かい動きなんかは、Youtubeで検索すれば、いっくらでも出ていますんで、そこでみてもらうと良いと思います。

 

まぁ、ただしいフォームが重要になってきますので、検索する時に、「正しいフォーム 腹筋」「正しいフォーム 腕立て伏せ」で調べてみてください。

 

山ほど出てきますのでまずそれを見て、1日10回ずつやる。そこからスタートしてみてください。

 

そしたら、一ヶ月後には、「おお!」っと言う感じで見違えるようになります。

 

最終的には、TシャツとGパンが似合う男。これを目指してもらいたいというのがあります。

 

2、ヨガ

ヨガは、最初は先生に習ったほうがいいと思うんですよ。

 

ポーズっていうのが、非常に重要になってきますので、そのポーズがうまくあっていないとマズイです。で、ヨガっていうのは、呼吸、瞑想、ポーズ、この3つがすごく重要なポイントになりますので、このやり方をきちんと教わるのがいいと思います。

 

で、自己流でやると、効く効かないというのがあるので、ちょっと時間の無駄になっちゃうのかなと言う感じがします。

 

最近、俳優と画家で有名な片岡鶴太郎さんが、日本で26人しかいないインド公認のヨガインソトラクターになりましたよね。

 

腸はなしっていうのが、あの人できるんですけども、腸がポコンポコンと音がなるんです。

 

瞑想は、長くはやらないんですけども、日の出のあとくらいに、5分程度、呼吸をしながら、瞑想するっていうことをしています。

 

そしてポーズなんですけども、本を読んだりYou tUbeをみたりして、戦士のポーズだとか、猫のポーズ、犬のポーズとか色々ありますんで、ひとつ1つマスターしていって、一連の流れでスムーズに行っていくっていうのが、良いところだと思います。

 

ひとつやって休む、ひとつやって休むとかではなく、スムーズに連結してやるのが、ヨガの良いところだと思います。

 

で、ヨガをやると、固まった筋肉が柔らかくなるという効果がありますので、かなりオススメです。

3、体幹トレーニング

体幹トレーニングは何かというと、人間の体中には、コアというものがあって、それを意識したトレーニング方法になるんです。

 

コアは、筋肉の中の筋肉、よくインナーマッスルという言葉を聞くと思いますが、まさにそれです。

 

ここを鍛えると、歩いていてフラフラしない、長時間働いていても疲れない、そして、24時間ダイエットできるという効果があります。

 

筋トレすると、筋肉がついて、代謝が活発になって痩せやすくなると言われていますが、筋肉をつけすぎると体重が増えてしまうっていうのがあるんですね。

 

しかし、体幹トレーニングは、ほぼ、体重が増えません。筋肉も大きくなりません。

 

その代わり、姿勢がよくなるので、歩く姿勢がよくなったり、視力がよくなったり、思考がさえわたるようになってきます。

 

すごいのが、寝てる間も、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットできる、これが体幹トレーニングなんですね。

 

じゃぁ、どういう体幹トレーニング方法があるのかというと、これもまた、Youtubeを見てもらえれば、たくさんでてきます。

 

ここで、わたしのオススメを1つ紹介させていただくと、「コアヌードル」って言うアマゾンとかで8千円くらいで売っているもの商品があるんですけども、よく聞く、ストレッチポールというのがありますが、あれはあまり体幹が鍛えられないので、そこから改良してできたのが、コアヌードルです。

 

特徴は、中に2本のストレッチポールみたいなのが入っていて、上に寝そべって腰をぐっ~と押さえつていくってだけの運動なんですけども、すると、コアがぐっと鍛えられます。

 

かなり腹筋がきいてくるっていうのが、わかります。

 

まずは寝るだけ、寝て、背中をぐっと押さつけるっていうのをやるんです。その後は、片足をあげる、両足をあげる、交互に動かすとか色々な運動が入ってくるんですが、最初は寝るだけで効果があるっていうすぐれものです。

 

なので、体幹トレーングはこっから始めるとかなり長続きするんじゃないかなと思います。

 

 

4,ジョギングです。

マラソンとかは、私は苦手なんですが、ジョギングはどう言う感じなのかというと、およそ8キロくらいのペースで走るというものなんですよ。

 

普通に歩くSPEEDが4キロくらいなので、その倍です。

 

マラソンランナーだと15キロ以上、普通の人がランニングするので、およそ10キロくらいなんで、まぁゆっくり目のランニングがジョギングにあたります。

 

できれば、少し勾配のある坂を走るといいと言われています。わたしは自宅にルームランニングマシンがあるもんですから、それで勾配度を4度にして、8キロ9キロの速さで、およそ30分間走っています。

 

耳には音楽やビジネス系の音声なんか聞いて走ると、あっと言う間に30分が立ちます。

 

外か中かどちらがいいのかよく聞かれますが、外を走ったほうがきもちいいです。ただ、デメリットでいうと、信号で止まってしまうと効果が落ちるということです。

 

また誰にぶつかりそうになったりとかそういうことがあります。なので、あまりわたしは外ではジョギングはしません。

 

なので、外が中がいいのかは、ご自分で判断してくださいね。

 

20分走ると代謝があがってきます。しかし、ジョギングだけでは、実は痩せないんですね。あんまし、有酸素運動にならないんですよ。

 

なので、痩せたいなら、筋トレが終わったあとに走ること、20分後からしっかり走り込むと有酸素運動になって、かなり効果的です。

 

じゃぁジョギングって何の為にやるのかと言いますと、ジョギングの良いところって、継続なんです。筋トレもヨガも体幹トレーンにグもなんですが、ジョギングも毎日できるということがいいことです。

 

さらに、運動しながらイヤホンをつけることで色々なことが勉強できるというのがいいところです。

 

徐々にですが、有酸素運度も続ければ脂肪が燃焼していきます。本当に脂肪を燃焼したかったら、脂肪が燃焼する心拍数まであげていきましょう。

 

これは年齢差や性別、体型によって変動があるので、一定の基準値は調べていただきたいとおもいますが、その速度で3分くらいはガッと走ることをやると効果があるので、すごくいいと思います。

 

おわりに

 

周りを見渡してほしいのですが、毎日走っている人で、太っている人っていないと思うんですよ。

 

なので、人生においても、1番働ける体型を維持したいのであれば、ジョギングがイイと思います。

 

ということで、私は、筋トレと、ヨガと体幹トレーング、そしてジョギング、これを毎日やっています。

 

全部を毎日やっているかと言えば、そうではなくて、何かを組み合わせたり、たまにはサーフィンとか別の好きなスポーツを取り入れたりして、やっています。

 

もちろん、全く何もしないで休む日も周に2日ほどあります。

 

やる時はやる、オフの時はオフとメリハリをつけてやるのがいいかなと思います。

 

どれでもいいので、どれかまず1ヶ月やってみてください。明らかに、体が変わっていくのを実感できると思います。

 

ということで、わたしがやっているトレーンングをお話させていただきました。

 

まぁ、鍛えるということは、最初に言ったように、自分にあったトレーングを見つけて継続するというのがオススメなのですので、是非やってみてください。

 

運動して体を鍛えていくと、健康な体になる以外にも、楽しく稼ぐぞとポジティブな思考にもなっていくので、がっつり稼いでいきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Kenjee

Kenjee

<ライターからのご挨拶>

マレーシアを拠点に活動するマーケッター。趣味はサーフィンと食べ歩き。ビールをこよなく愛している。また、健康オタクでもある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 手のひらや甲にできた湿疹がかゆくてたまらない!謎の斑点も出てきたこの原因は?

  • 食べないダイエットは太る!3つの原因とダイエットの正しいやり方

  • どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

  • カジノ王国マカオをグルメ観光で楽しむオススメスポット12選

関連記事

  • 止まらない手汗の原因を徹底解説!速攻で止めた方法

  • イソフラボンは減少する女性ホルモンの代わりになる神成分

  • これってノロウィルス??急な胸焼から吐き気を感じた時

  • この汗はもしかして多汗症!? 多汗症の症状と原因/7つの対策

  • 体幹鍛えて猫背・ 歪みを解消!効果的なバランスボールとは

  • 【肩こり】ゴリゴリは肩甲骨はがしと肩のマッサージで解消しよう!