1. TOP
  2. キリキリうるさい歯ぎしりは治せる?その原因と治療法とは?

キリキリうるさい歯ぎしりは治せる?その原因と治療法とは?

歯ぎしり 治す

自分には自覚がないけれど、周りから「歯ぎしりうるさい!」「歯ぎしりしているよ」と言われた経験はありませんか?



睡眠中の歯ぎしりの音は響くので近くで寝ている人にとっては迷惑なものです。



また、歯ぎしりはほっておくと頭痛やむし歯を引き起こしてしまうこともあれば、首や肩こりになってしまうので、まったくいいことがありません。

ひどい場合は顎関節症といった顎がガクガクした症状や、口が開けられなくなる症状になることも。



こんな悩みは出来れば早いところ解決したいもの。



ということで、今回は歯ぎしりの原因や治し方についてご紹介します。

スポンサードリンク

歯ぎしりは治せる!?

歯ぎしり 治し方

歯ぎしりは、歯を擦り合わせ、噛みしめる動作のこと。とても不快な、独特な音で、うるさいのに、寝ている本人は気付かないという人も多いですね。

同じ部屋で寝ていると、眠れないという人も多いです。



そんな歯ぎしりは、一種の病気です。しかし、治らない病気ではありません。



原因があるので、そのボトルネックとなる部分を抑えることができれば、症状を緩和させ、改善していくことができます。



では、歯ぎしりの原因とは一体なんなのでしょうか??

歯ぎしりの原因は?? 66611c91776c0343b7304363fa43e735

1,最も多いのはストレス

歯ぎしりの原因ほとんどはストレスからだと言われています。

日頃のストレスがうまく発散できずに溜め込むと、知らず知らずのうちに歯を食いしばってしまい、歯ぎしりがはじまります。

また急な環境の変化や、親しい人の訃報も歯ぎしりの原因になります。

2,歯並び、かみ合わせが悪い

もうひとつが、歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪い時に歯ぎしりになりやすいです。



例えば、歯医者で虫歯の治療で、詰めてもらった後などに噛み合わせが狂ってしまう時があります。そんな時は要注意です。

かみ合わせは年齢や体調と共に変化してきますので、今は良くても加齢で歯ぎしりがはじまるということもあるので、かみ合わせには注意しておきましょう。

歯ぎしりになってしまうと・・・

歯ぎしりになってしまうと
歯ぎしりはほっておくと、周りに迷惑をかける他に、人体にも悪影響が及びます。どんな影響を被るのか解説しますね。

 :mrgreen: 歯が破損

歯ぎしりは歯と歯を擦り合わせるので、歯の表面のエナメル質がすり減りむし歯の原因になることがあります。



歯ぎしりの食いしばる力は相当強いものがあるので要注意です。その力はクルミを割れる以上の力がかかっていると言われています。

普段、食事で掛かる力は1キロいくかいかないか程度ですから、強い力が長時間加わっていたら、歯が欠けたり、歯茎が弱ったりするのもイメージできますよね。

最悪の場合は、歯ぎしりによって歯が破損して神経が死んでしまうこともあるので気をつけましょう。

 :mrgreen: 顎が痛くなる

歯ぎしりが続くと、口を開閉する度に顎がカクカクなるようになることもあります。これは歯ぎしりによって顎の関節に負担がかかってしまい、顎関節症になってしまうこともあります。

顎関節症になってしまうと、痛みを感じたり、口が大きく開けられなかったり、またかみ合わせに違和感を感じてしまうこともあります。



そこから、脳や人体にも様々な悪影響を及ぼすので早めに治療を行うことをオススメします。

 :mrgreen: 偏頭痛

歯ぎしりになると、頭が締め付けられて偏頭痛を引き起こすことがあります。

 :mrgreen: 肩こりになりやすい

顔から首や肩にかけて筋肉がつながっているので、歯ぎしりが原因で肩や首が凝りやすくなります。



歯ぎしりの力というのは意外とものすごく強い力で噛んでいることが多いので、歯ぎしりをすることによって、首や肩の筋肉が緊張し、疲弊してしまうためです。

 :mrgreen: 歯周病の原因

強い歯ぎしりによって長期間、歯や歯肉に力がかけられ続けると、歯周組織と歯の間に隙間ができてしまい、歯周病が発症しやすくなります。



歯周病は歯を支える歯肉や歯に歯垢やカスが溜まるなどして、菌が増殖して、炎症を起こす病気です。



歯周病になってしまうと、歯を抜いて入れ歯に換えなくてはならなくなったり、ひどい口臭になるケースもあります。

嫌な音のする歯ぎしりタイプ

グラインディング

歯ぎしり

出典:ha-shiritai.com

よくある歯ぎしりというとこのタイプです。

上下の歯を強く噛んだ状態で、左右を擦り合わせる動きで、「キリキリ」という高めの音がなります。

この動作を放置すると、歯ぎしりによるスクラッチのせいで歯が欠たりする原因になります。

クレンチング

歯ぎしり

出典:ha-shiritai.com

歯を食いしばるような動作のことを言います。

上下の歯を強い力で噛みしめるので、あまり音はなりませんので、自分でも歯ぎしりと気づきづらいものがあります。

しかし、こちらも放置しておくと、歯や歯茎に大きな負担がかかっているので、歯茎が緩んで歯が抜けてしまったりしやすくなります。また、顎にも大きな負担がかかっているので、気をつけましょう。

タッピング

歯ぎしり

出典:ha-shiritai.com

上下の歯がぶつかり合い、「カチカチ」と音がなる歯ぎしりです。



こちらも、歯の欠損や顎にも悪影響なので気をつける必要があります。



また、音がなるので、近くで寝ている人にも、迷惑のかかりやすいので気をつけましょう。

複合型歯ぎしり

さきほどの3つの歯ぎしりはそれぞれのタイプが単独で起きる場合が、ほとんどですがこれら3つのタイプが合わさる複合型歯ぎしりをする人もいます。



いずれにせよ、睡眠中の歯ぎしりは周囲へ迷惑をかけることになりますから、治す努力をしましょう。

歯ぎしりを治す方法

ストレスを解放させる

歯ぎしり ストレス

歯ぎしりの多くはストレスによるもの。なので、先ずは好きなことをしてストレス解消するのが一番でしょう。しかし、現代社会においては、ノンストレスで過ごすほうが難しいかもしれませんね。



なので、些細なことでストレスを溜め込まないように、よく寝て、美味しいものを食べるなど生活習慣から見直すことでが大切です。



そして出来る限り、健康的な毎日を送りましょう。

ストレスを開放させる良い方法としては、自分なりのストレス解消法などをひとつ持つことです。



運動するでも、寝ることでも、お風呂に入ることでも、美味しい食事をすることでもなんでも構いません。ストレス解消法は人それぞれだと思うので、ひとつこれだと思うものを探してみましょう。

よく寝ること!睡眠は大事!

歯ぎしり 睡眠

歯ぎしりの症状を改善するためには、まず睡眠の質をあげることです。そのためには、睡眠をしっかりとるための環境を作ることが大切です。睡眠にもストレスを軽減させる効果があります。

人間は午後10時〜2時が睡眠のゴールデンタイムだと言われており、この時間帯は副交感神経が気持ちをリラックスさせ、さらに睡眠の質を高める時間だと言われています。

睡眠の質が高まるほど、脳内ホルモンが分泌されて心地よい眠りを実現できます。その質の高い睡眠こそが、歯ぎしりを阻止する最善の方法と言えるでしょう。

噛み合わせの調整を行う

歯ぎしり 医者

まず、最初に大事なことかもしれませんね。噛み合わせが原因だったら改善は一番楽な方法です。



歯ぎしりかな?と思ったらまず、歯医者に行ってかみ合わせを検査してもらうのが良いでしょう。



噛み合わせというのは年齢や体調、また歯の並び具合などにより、変化するので、一生同じではありません。



時間と共に、日々の生活で歯並びやかみ合わせも少しづつ変わってくるので、これまで歯ぎしりをしていなかった人も、突然「キリキリ」と音が鳴り出すこともあります。

なので、「あれ!?おかしいな」と感じたら掛かりつけのお医者さんに診てもらいましょう。

マウスピース

歯ぎしり マウスピース

あまりに歯ぎしりがひどいと感じるときは、マウスピースの着用をオススメします。睡眠中にマウスピースを装着することで、歯や歯茎への負担を軽減させることができます。

擦れた音も軽減されますし、顎関節症や顎の痛みからくる頭痛なども軽減されます。マウスピースは保険適用で歯医者で自分の型用に制作することができるので、医師と相談するのが良いでしょう。



市販でも売られていますが、噛み合わせが悪くなることもあるので、あまりオススメはしません。また、マウスピースを装着したからといって歯ぎしりの根本的解決には至らないので、応急処置ということを、念頭に入れておきましょう。

おわりに

はぎしり 治す

歯ぎしりは睡眠中に起こるので、あまり自覚することができないで、気づかない人も多いです。



ほっておけば、歯が欠損し、顎や首、肩などに痛みが伴うこともあるので、もしやと思ったら寝ている時に歯ぎしりをしていないか聞いてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • ほっておくと危険!歯肉から血が出てきた時の対処法

  • ホワイトニング前に知っておきたい種類別 ホワイトニング 相場事情

  • 歯は大丈夫? 好感度には歯が命、ホワイトニングが今アツイ!