1. TOP
  2. ホワイトニング前に知っておきたい種類別 ホワイトニング 相場事情

ホワイトニング前に知っておきたい種類別 ホワイトニング 相場事情

日本人なら、歯を白くしたい!ホワイトニングを一度はやってみたい!と思っている人は意外と多いはず。

しかし、ホワイトニングするにあたって、

・本当に真っ白になるの??

・費用が高そう

・歯を傷つけたりするんじゃないの?

といった不安や心配があり、やりたくても手を出せていない人が多いようです。

他にも、ホワイトニングは、保険適用外の治療になるので、一般的な治療よりも少し高い金額になってしまうのも壁ですね。

医院やサロンによって値段もバラバラですし、治療の行い方も様々で、システムがわかりにくいというのも導入の足かせになっているともよく聞きます。

ということで、今回はホワイトニングについて、先に知っておきたい金額の相場や治療法などをまとめてご紹介していきます。

日本人の歯は黄ばみやすい

テレビや雑誌を見ていると、タレントの歯の白さに驚くことがあります。真っ白な歯は、清潔感があって、とても好印象に見えますね。

しかし、日本人の歯は欧米人に比べて、元々歯が黄色いんです。なので、「この人の歯は非常に白いな!」と感じたらかなりの高い確率で、ホワイトニングしていると思います。

つまり、有名人からしたらホワイトニングするのは当たり前なんですね。


ホワイトニングで、歯が真っ白になるのであれば、一度はやってみたいと思ったことはあるでしょう。



下記は歯の色をカラートーンで表したものです。⤵⤵⤵⤵⤵

 

ホワイトニング カラー

出典:デンタルクリン


日本人のキレイな人の歯はM2あたりが平均的と言われますが、見ての通りすでに白い歯ではありませんね。



欧米人の歯の白さの平均はM1。一番白い歯なのでこうして比べると日本人の歯は、かなり黄色いことがわかります。

なぜ、日本人の歯は黄色いのでしょうか??

歯の白さの違い

その決定的な理由は、黄色人種だからというもの。

しかし、オーラルケアに関しての治療の概念があまりないので、元々ケアをしている人が少ないというのもあります。

それに比べて、欧米人の歯が白いのは元々、エナメル色素が強くて白いから。また、治療費がめちゃくちゃ高くて虫歯になったら捻出できないので、オーラルケアの教育が小さい頃からしっかり行われているからなんです。

驚いた話は、欧米ではホワイトニングに使うホワイトニングジェルが市販の薬局で買えるのです。つまり、自宅で自分でホワイトニングできるんですね。



日本ではホワイトニングに使う薬剤は、医師の指導のもとでしか使用できないのです。(薬事法で禁止されている。)



オーラルケアに対する意識が、外国は強いのに対して、日本のホワイトニング事情は、国があまり推奨していないようですね。

歯が黄色いからダメということではありませんが、歯が真っ白だとやはり、清潔感があるように見えますし、笑顔が際立ちます。

ホワイトニングの3つの種類

ホワイトニング

出典:石川町デンタルクリニック

そんな日本でもホワイトニングを行うことはできます。



ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」とがあります。

歯科やサロンで施術してもらうことをオフィスホワイトニングいい、歯科で処方してもらったマウスピースと薬剤を使って自宅で行うものをホームホワイトニングと言います。

そして、デュアルホワイトニングというのがホームとオフィスを組み合わせた方法であり、ホワイトニングの中でも最も高額になるが、一番オススメな治療法になります。

では、ここからひとつづつ解説していきましょう。

1,オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯医者さんやサロン内で施術してもらう、ホワイトニングです。

ホワイトニングする際は非常に高濃度な薬剤を使うので、医師免許を持った者が行い、

ホワイトニング効果は高いので、金額も若干高めになります。

歯科医院で使用しているホワイトニングの多くは、海外で開発されたシステムが多いです。代表的なものに「ビヨンド」「ズーム」「オーバルエッセンス」などがあります。

オフィスホワイトニングの相場事情

オフィスホワイトニングの相場は全ての処置費用をを含んで、普通の歯医者で一回2.5万円〜5万円程度、ホワイトニング専門サロンの場合で一回1万円〜3万円程度なので、サロンほうが割安になります。

※注意点

します

薬剤の内容に注意して、説明を受けて自分にあったものを選んでからホワイトニングしましょう。オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤の代わりにポリリン酸やメタリン酸などを使用または混ぜ合わせて比較的安い料金設定で行うことがあります。

歯への負担は軽減されますが、オフィスホワイトニングとしては効果が弱いということをお覚えておきましょう。

2,ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは基本的に自分で自宅で行うものですが、その際に使用するマウスピースと薬剤を医師に処方してもらう必要があります。

ホームホワイトニングをするにはまず自分の歯にあったマウスピースを作成します。費用の大部分は初診のマウスピースと薬剤代だと思ってもらっていいでしょう。

このマウスピースに薬剤をつけて一定時間歯に装着して、ホワイトニングを行います。

こちらも、オフィスホワイトニングと同じ海外製ブランドのシステムが多いです。

ホームホワイトニングの相場事情

ホームホワイトニングの相場も全ての処置費用を含んで、普通の歯医者さんで2万円〜4万円、ホワイトニング専門サロンで1.5万〜3万円程度です。こちらも、サロンのほうが若干安いです。

ホームホワイトニングはプラス+薬剤がかかります。ホワイトニング薬剤の購入費用の相場は1〜週間分で五千〜1万円程度でしょう。

オフィスホワイトニングは1回で効果を出すために高濃度の漂白剤を使用しますが、ホームホワイトニングは、自宅で行うため、安全性を重視して低濃度の漂白剤を使うので、時間や回数もその分多くかかります。

3,デュアルホワイトニング

白い歯

デュアルホワイトニングは先途したように、オフィスとホームを組み合わせたホワイトニング方法です。オフィスとホームの長所を掛け合わせ、短所を補うといった治療法なので、歯を最も白くするのにオススメです。

デュアルホワイトニングの相場事情

ホワイトニングの両者を併用するホワイトニング方法なので、最も高額になります。

料金相場は5万円〜10万円程度します。

この中には、マウスピースの制作費や薬剤代なども含まれます。歯医者でのホワイトニング+自宅でのホワイトニングの相乗効果で効果的な処方が見込めます。

お口の状態や、使用する薬剤、器材によって費用が10万円を超えることも珍しくありません。

ホワイトニング施術の追加料金

ホワイトニングは笑った際に見える歯を基本白くするので、歯の本数に関しても個人差があります。そのため、料金設定で「◯◯本◯◯円」となっている場合は事前に本数を確認しておきましょう。

また、歯は食べ物が付着しやすいので、術後にお手入れをしておかないとまたすぐに歯が黄ばんでしまうことになります。それを回避するために、術後はコーティングを行うことところもあります。

こういった場合、高額な施術コースを売りつけられることもありますので、なんでもすぐに承諾しないように気をつけましょう。

ホワイトニングをする前にやること

url-1

ホワイトニングを行う前には、まず初診でお口の中をチェック&クリーニングします。そこで、ホワイトニング施術を行うのにレントゲンを撮って虫歯やクラック、重度の歯周病などの問題がないか、医師による診察を行います。

特に最初のクリーニングは大事で、専用の機器を使って、歯の歯石や汚れを落とします。歯石やタバコのヤニの付着がひどい場合は、十分なホワイトニング効果が、でないこともあるので、クリーニングはとても大事です。

基本的に初診+クリーニング代はホワイトニング代に別途かかりますので覚えておきましょう。

安くホワイトニングを行う裏技

ホワイトニングを安く行う

出来るならば、少しでも安くキレイな歯にしたいと思うのでは無いでしょうか?

ここでは安くホワイトニングを行う裏技を紹介しましょう。

ホワイトニングは保険が効かないので一般の治療に比べて値段は高いです。ですが、最近ではクーポン共同購入サイトやフリーペーパー、フリーマガジンにクーポン券を発行している歯科医院もいくつか見られます。

初回限定であったり、日時の制限があることが多いですがうまく使えば、格安でホワイトニングを行うことが可能です。

また、歯科医院以外でもホワイトニングを行う、セルフホワイトニングというものもあります。

ホワイトニングは医師免許を持たないと、歯を触ることは違法となりますが、自分の手で行う分には構わないので、器材のあるお店にいってセルフでホワイトニングを行うといったサロンです。

法の目を掻い潜ったやり方ですが、都市部では意外と反響のあるホワイトニングで、一回の料金も5000円程度なので安くホワイトニングを行いたいという人にはオススメです。但し、専門医がいないため、高濃度の薬剤は使えないから、定期的に通う必要があります。

失敗しないホワイトニング お店の選び方とは

images-1

オフィスでもホームでもホワイトニングするならば、免許を持った誠実な医師のもとで、行いたいと思うはず!

とは言え、人気の治療だけに、クリニックが多いので迷ってしまいますね。

そこで、ホワイトニングを失敗させないためにも、ほぼ確実に間違いのない歯医者、又はクリニックの選び方のポイントを伝授させていただきます。

1,医療機関であるか?

これはもちろんのことですが、そこに裏付けされた経験と実績があるかどうかが選ぶポイントになります。多くの患者を施術していれば、周りのスタッフの経験や知識もそれなりにあがるはずなので、質問をすればなるほどという答えが返ってくるでしょう。

2,丁寧なヒアリングをしてくれているか?

ホワイトニングの満足度は自分がイメージした理想の白さが実現できたときだと思います。丁寧なヒアリングを通して、こちらの話をよく聞いてくれる先生であれば、高い満足度が期待できるでしょう。

3,1回毎の料金設定が明確であるか?

目安の費用があれば、施術前にも安心出来ると思います。事前の料金と大きく異なる時は注意しましょう。

4,薬剤が新鮮であること

薬剤にも食べ物と同じように期限があります。ホワイトニングで使う薬剤は自然に劣化していくと、効果も弱まるので、鮮度の高いものをオススメします。

一般の歯医者さんでは使用頻度がサロンやクリニックに比べて低いので、どうしても古い薬品の使用が否めません。なので、ホワイトニングを行うには歯医者よりも、専門サロンやクリニックのほうがアドバンテージが上回ります。

5,アフターケアが万全か?

やはり、治療期間は大切ですが、その後のアフターケアはもっと大切になります。継続して、治療を行っていくためのアドバイスや歯の磨き方、メンテナンスなど詳しく教えてくれるスタッフがいれば安心でしょう。

ホワイトニング相場事情 まとめ

失敗しないホワイトニング 相場事情

いかがでしたか??

笑ったときに歯が白いのって、清潔感があってやっぱりいいですよね。歯が白いと印象がよく見えるので、恋愛や商談にもプラスに働くはず。


歯の見た目って意外と重要だったことに気付くかも!

日本では法律上、色々な制約があるからホワイトニングは海外ほどメジャーじゃなかったですが、とりわけ日本人の歯が黄色いのはオーラルケアの意識の差だったのですね。もっとオーラルケアの文化が浸透すれば、歯を白くすることが普通となり、もっとサービスも進化していくと思います。今後は、ホワイトニングもやりやすくなるんじゃないかなと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

白い歯

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • キリキリうるさい歯ぎしりは治せる?その原因と治療法とは?

  • ほっておくと危険!歯肉から血が出てきた時の対処法

  • 歯は大丈夫? 好感度には歯が命、ホワイトニングが今アツイ!