1. TOP
  2. 花粉の季節は肌が荒れやすい!?その原因とは

花粉の季節は肌が荒れやすい!?その原因とは

花粉症による肌荒れの原因とスキンケアの方法
くしゃみが止まらない・・・

鼻はずっとグシュグシュでティシュが離せない・・・

目がシュバシュバして涙が止まらない・・・

などこのようなストレスでしかない症状に悩まされる花粉症。

一昔前までの花粉症は春先に飛散したスギやヒノキによるよるものが多かったのですが、最近は様々な花粉に反応する人が増えてきたので、通年の心配事となりました。

特にお肌。最近では花粉がお肌につくことで肌荒れを引き起こす症状も増え、これまで花粉症にかからなかった人も肌荒れからアレルギー反応に繋がるケースも増えてきています。

春先より増えてくる花粉。しっかりとプロテクトしてお肌を守りたいものです。



ここでは花粉と肌荒れの関係について深掘りし、スキンケアではどのようなことに注意していけばよいのかまとめてみました。

花粉症による肌荒れの原因

花粉症による肌荒れの原因とスキンケアの方法
私達の体には、内部に侵入しようとする異物から身を守るために免疫機能が備わっています。異物が入ってくるとそれをやっつけようと抗体が体内に放出され、外に押し出そうという働きをします。この時に放出された抗体の一部であるヒスタミンが刺激となってアレルギー反応を起こすのです。

つまり、花粉症は花粉を異物と勘違いした体内のヒスタミンが過剰に反応するために起こる症状だったのです。

花粉を吸い込んだ場合はくしゃみや鼻水、鼻詰まりなどが起こり、直接触れた場合はかゆみ、肌荒れ、かぶれ等を引き起こしてしまいます。

近年この症状はお肌の上でも起きるようになり、赤みを帯びたり、かゆみを感じたり、乾燥してカサカサしたりといった症状を引き起こしています。

多くの人が花粉による肌荒れにも悩むことから、「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。



春のような時期は、特に乾燥しやすく知らずしらずのうちに、肌バリアが低下してしまうので、花粉による肌荒れが起きやすくなるようです。

「私は花粉症じゃないから関係ない。」と思っていても、実は知らないうちに花粉によって攻撃を受けているんですね。



春先は多くの植物が目覚める時期でもあるので、注意が必要です。ならば、そんな悲劇に見舞われないよう予防が必要になってきます。

花粉症皮膚炎を防ぐには?

花粉症皮膚炎
花粉といっても目に見えるわけではないので、敏感でないと感じれません。なので、急に花粉症になってしまうケースがほとんどです。また、大気中に空気と同じように飛んでいるものなので、100%防ぐことも不可能です。


なので症状を引き起こさないためには、徹底して花粉を寄せ付けないことが重要になります。

簡単な予防法としては、花粉が付着しやすい髪をコンパクトにまとめたり、外出時はマスクやメガネ、帽子をかぶるなどをすればいいです。

付着するとやっかいなのはお肌なので、肌の露出をできるだけ最小限にくい留め、メークは表面をパウダーファンデーションやフェイスパウダーで覆うようにしてあげましょう。

後は、手洗いうがいをしっかり行い、清潔を保ち、日頃のスキンケアを徹底して行えば十分脅威から防げることができるでしょう



これが基本的な予防法になりまうす。

花粉症の中には目のかゆみが我慢できないといった症状が現れることがありますが、かきすぎると肌や粘膜を傷つけ、さらに眼球まで傷つけてしまう危険もあります。

この場合は専門の病院に行って診てもらい、抗ヒスタミン、抗アレルギーといった飲み薬や目薬を処方してもらうことをオススメします。

市販で目に入った花粉を洗い流す洗浄剤もありますが、清潔に管理されていないと雑菌がかえって目の中に入って悪影響を及ぼしかねないので十分注意してから扱いましょう。

花粉症乾燥肌から肌を守るスキンケア6つの方法

花粉症皮膚炎
さて、これまでお話したように花粉は体内に侵入してきてアレルギー反応を起こすだけでなくて、お肌にとっても天敵であることがわかりました。

お肌に花粉がついたままだと皮膚のバリア機能も崩れてしまい、ダメージが倍加してしまいます。

実際にどのように気を付けてスキンケアしていけばいいのかまとめてみました。

1,メークは厚め

花粉の時期のメークは肌の上から1枚膜をつくることで、花粉の刺激から肌を守る事が可能です。ファンデーションは油分が多く含まれていると花粉が付着しやすいので、ファンデーションは薄めに塗ります。仕上げはパウダーで表面をサラサラにしておくと良いでしょう。

目の周りは皮膚も薄くデリケートなので、アイメークによってかゆみや腫れ、が生じることがあるので、粘膜に近い部分は様子を見ながら行ってください。

2,油分の少ないファンデーションで

油分が多いと花粉が付着しやすい原因となります。使っているファンデーションがオイルフリーでないか調べてみましょう。余分な成分を含まないミネラルファンデーションがオススメです。

3,外出後は顔を洗う

外出後は肌に負担の少ないクレンジングでメークとこびりついた花粉をしっかり洗い流しましょう。よく落としたいからとゴシゴシ洗ったり、お肌の防護機能を失いやすいピーリングやスクラブ入りの洗顔料必要なな皮脂まで落としてしまうのでオススメしません。また、熱めのお湯も皮脂を流してしまうので、30℃程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

4,保湿はしっかりと

花粉によって起こりやすい乾燥肌には十分気をつけましょう。乾燥肌を乗り切るためには何よりも保湿が大事です。花粉をしっかり落とした入浴後は、お肌の内部までしっかり保湿してくれる美容液をつかってお肌をしっかりケアして翌朝までに少しでも回復させましょう。

この時期、注意したいことは外出時。保湿を守ろうとする油分を含むクリームや乳液を使うことはNG。これらは花粉を付着させる原因となるので、花粉の時期はできればサラッと保つような美容液がよいでしょう。

花粉時期はお肌が刺激に弱くなっていますから、敏感肌の方でも使えるようなアイテムがオススメです。

5,唇にも保湿を忘れなく

忘れがちなのが唇のケア。花粉の影響を受けてカサカサに乾燥して唇がきれたりすので、リップなどを携帯してガードしましょう。

6,髪に毛に付着した花粉にも注意

髪の毛は大気と触れている以上とても花粉が付着しやすいです。花粉がひどい日は、外出後すぐにでも花粉を落とす勢いでシャワーを浴びるのがオススメです。髪の乾燥やパサツキは静電気で花粉を集めやすいのでトリートメントはしっかりめに行ったほうがいいですよ。

おわりに

テレビでも話題のもち麦ダイエットの効果は本当!?
いかがでしたか?

せっかく暖かくなってきた春に花粉症に悩まされるのはうんざりですよね。そこに肌荒れなんてきたら外に出る気も失せてしまいます。

なので、出来れば発症しないように予防しておくことが大事になります。つらい花粉に攻撃されないようにぜひとも、しっかりスキンケアしてお肌をプロテクトしていってもらいたいと思います。

悪化してしてしまったときは、くれぐれも無理せずに病院で早めに治療してもらいましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • 花粉症には副作用のないワセリンが効果的!もう手放せません!

  • 目を守れ!花粉症対策メガネの効果とオススメメガネとは

  • 【注意!】花粉症は肌荒れの原因なる!オススメの6つのスキンケア法

  • 風邪と間違えやすい秋の花粉症 その見分け方と対処法は?

  • 早く治したい!ツラい花粉症に効く8つの漢方薬を症状別に解説!

  • 花粉症は遺伝に関係する?気になる調査結果は?