1. TOP
  2. 早く治したい!ツラい花粉症に効く8つの漢方薬を症状別に解説!

早く治したい!ツラい花粉症に効く8つの漢方薬を症状別に解説!

時期が、少し暖かくなってくると、くしゃみや涙が沢山出たり、目がかゆくなったりといった症状が出てくることがあります。

その症状はまさに「花粉症」です。

花粉症を治すのには、一般的に内服薬(抗ヒスタミン剤)がよく使われますが、薬を飲んだからといって花粉症を完全に撃退できるわけではありません。

あくまで、症状を緩和させる対症療法になります。しかし、ツラい症状が続いてしまうと少しでも早く治したいですよね。

そんな対症療法の中でも、適切に使うことで早く症状を緩和することができるのは「漢方薬」です。

内服薬やステロイドと違って、副作用の心配もなく安心して使えるのが特徴です。

漢方は、長く飲んでゆっくり治すイメージを持つ人も多いですが、実は意外と即効性のある治療法なんですよ。

ツラい花粉の症状を少しでも早く乗り越えたいのであれば、お薬と併用することもオススメです。なにせ、体に優しいという理由で漢方薬を好む方が今は非常に増えているのです。

ここではそんなツラい花粉症に効く「漢方薬」を症状別にまとめてご紹介していきます。

是非、お役に立ててみてください。

ツラい花粉症に効く漢方薬

漢方薬の効果は、その人の体質に応じて変動があるため、一概にどの漢方薬を飲めばいいとは断定できませんが、標準的な体質の場合で解説していきますので、ご参考までに。

1、花粉にはまず小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

花粉症の時に、処方する医師も多く、最も一般的だと言われている花粉症の漢方薬です。実際にくしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみをはじめとしたアレルギー疾患に対してほとんどの体質の人に効く漢方薬です。

また体を温める効果があるので、冷え性の方にはよく効きます。

2、体が弱い人には、苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)

高血圧、胃腸が弱い、心疾患、前立腺肥大のある体が弱い人に使える漢方薬です。

血行を促進させ、鼻水を吸い込んで咳をするのを抑えるなど、気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病の症状を改善する漢方薬です。

3,血行を良くして炎症を抑える葛根湯(カッコントウ)

葛根湯は7つの生薬からできていて、風邪やインフレンザ、発熱、胃腸炎、扁桃炎、肩こり、鼻粘膜の腫れや、鼻詰まりなど色々な症状を改善する漢方薬で、万能薬と言われています。

花粉症の鼻詰まりや蓄膿症、慢性鼻炎といった症状も緩和させるので、花粉症の症状の時にはオススメです。

4,とにかくかゆい時には、十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

この漢方薬は、じんま疹、かゆみ、湿疹、皮膚疾患、水虫といった肌の炎症を取り除く漢方薬です。肌を塞いでいる余分なものを外に出すことで、熱を発散させ、肌を正常にする効果が期待できます。

花粉による、目や皮膚のかゆみを抑えるほか、湿疹が起きやすい体質の改善にも期待出来ます。

5,粘膜の腫れが酷い時には越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)

鼻粘膜の腫れ、鼻詰まり、口に乾きがあるような症状に対して、この漢方は効果的です。炎症や水分調整に用いられるため、花粉症の粘膜の腫れをとる働きをします。

体力があり、暑がりで冷たい水を好む人に向いているようです。

6,花粉症による倦怠感に!麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)

この漢方には、血行を良くして体の中から温める効果があるので、咳や寒気、発熱、疲労による熱や痛みを発散させ、全身の倦怠感を改善する働きがあります。

花粉症を引き起こすと上記のような症状が体に生じてくる場合があるのですが、これらを抑えてくれるようになります。

7、鼻水、目の充血には天津感冒片・涼解楽(テンシンカンボウヘン)

天津感冒片には、喉の痛みやくしゃみ・鼻水・目の充血といった症状を和らげる効果があり、またアトピー性皮膚疾患、湿疹の治療薬としても使用されています。

花粉の影響で、皮膚にも影響が及んでいる時にオススメの漢方です。

8,症状が鼻に集中しているなら鼻淵丸!(ビエンガン)

花粉症の症状であるくしゃみ、鼻詰まり、鼻水、蓄膿症といった鼻に関係のある症状を緩和させる漢方薬です。

膿が出たり、炎症によって熱が抑えられない重度な症状の時にはよく効きます。

とにかく鼻に症状が集中している場合には鼻淵丸がオススメです。

おわりに

漢方薬

以上が、花粉の時によく効くと言われている漢方薬でした。漢方薬の選び方のコツとして2つポイントがあります。

先ず一つ目が、

1,各症状にあわせて薬を選択すること、

もうひとつが、

2,自分の体質にあった薬を選択すること

です。

市販でも購入可能ですが、医師とよく相談して選ぶとより一層効果的な処方ができるでしょう。

もうひとつ、ツラい花粉症のダメージをいち早く抑えたいのであれば、腸内環境を整えて免疫力をアップさせる乳酸菌サプリもオススメです。

お薬や漢方薬を飲む前に、腸内環境を整えると、とても楽になりますよ。

ベビー乳酸菌 春が好き

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

OKUTOK 編集部

OKUTOK 編集部

<編集部からのご挨拶>

生活に役立つ知って得する情報、健康、美容、コンプレックス・悩み解決、裏旅事情、グルメ、サブカル、スポーツなど新たな気付きを得られるメディアを目指して幅広く配信しています。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。

facebook→→→→→https://www.facebook.com/okutok496
twitter→→→→→→https://twitter.com/okutoku_web

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイエットの鉄板!オク得が選ぶ今年の2大酵素ドリンクとは

  • 何度ダイエットしても痩せられない本当の理由

  • 緑茶を飲むと痩せる!?緑茶にある意外なダイエット効果

  • 鶏のむね肉を柔らかく ジューシーにする裏技「ブライン液」とは

関連記事

  • 【注意!】花粉症は肌荒れの原因なる!オススメの6つのスキンケア法

  • 花粉症には副作用のないワセリンが効果的!もう手放せません!

  • 花粉の季節は肌が荒れやすい!?その原因とは

  • 花粉症は遺伝に関係する?気になる調査結果は?

  • 顔がかゆい!これって乾燥肌? かゆみの原因と6つの対処法!

  • キャンプやバーベキューで気をつけておきたい「秋の花粉症」