1. TOP
  2. コンフォートゾーンから抜け出しすぐに諦める自分とさよならする方法

コンフォートゾーンから抜け出しすぐに諦める自分とさよならする方法

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

今の状況を何とか抜けだして新しい挑戦がしたい!

 

新しいことに、チャレンジをはじめたけど、諦めてまた元の同じ生活に戻るのが怖い・・・

 

もし、今あなたが、今の現状を脱却して、新しいことに挑戦をして人生を変えていきたい!

と思うのであれば、脳にある「コンフォートゾーン」の概念を知っておくと良いかもしれません。

 

なぜなら、後で詳しく解説しますが、コンフォートゾーンを知ることで、人が諦めてしまう原因がわかります。

 

はじめて聞く方にとっては、そんなことがあるのか?と不思議かもしれませんが、コンフォートゾーンは、何かとあなたの人生に良くも悪くも影響を与えています。

 

ということで、そのコンフォートゾーンの謎について解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

安住の地「コンフォートゾーン」

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

「いきなりなんだよ!?」

 

という感じですが、あなたは脳にある「コンフォートゾーン」をご存知でしたか?

 

直訳すると、コンフォートゾーンは「安定・快適」、「ゾーン」は範囲という意味になります。

 

つまり、「脳の中の快適な範囲」を意味しています。

 

これは人間は元々、本能に「安全の欲求」というのがあって、基本的には安心、安全に暮らしたいという自己防衛本能んおです。

 

例えば、普段のあなたの生活を思い出してみてください。

 

朝起きて、顔洗って、朝ごはんを食べて、仕事の服に着替えて、家を出て、同じ道を歩き、いつもと同じ電車に乗り、同じ場所で昼ごはんを食べて・・・・

 

このように、多くの人は、1日の大半を慣れ親しんだ環境、慣れ親しんだ人、慣れ親しんだ方法で過ごすと思います。

 

当たり前のように過ごす生活パターンは、安心・安全な快適空間の範囲で生活しているということで、コンフォートゾーンの中にいると言えます。

 

諦めないで続けることは「コンフォートゾーン脱却」が鍵になる

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

コンフォートゾーンにいる事自体が普通な私たちにとって、新しいことをする時には、コンフォートゾーンから抜けることになります。

 

これまでいた場所から、離れることで勝手に脳は、できそうか出来ないか判断をし、元に戻ろうとする働きをします。

 

「危ないからやめておこう」「怖いからやめておこう」「見たことないから危険だ!」

 

こういったことは、すべてコンフォートゾーンから抜け出そうとしたことによって、脳が防衛本能を出してしまい、元に戻ろうとする力が働くために、諦めてしまいます。

 

このにほんのちょっと勇気を出せば、コンフォートゾーンを抜け出すことができます。

 

このちょっとした勇気が出せる人ほど、単調な毎日から抜け出したり、新しいチャレンジをすることができるので、どんどん知識や経験が増えて世界を広げることができます。

 

やったことのない挑戦は、コンフォートゾーンにいる限り否定的になりますが、この存在を理解することで、人は意識して勇気を持てばどんどん新しいことにチャレンジできるようになります。

 

そして、すぐに諦めてしまったりする人も、原因は脳がコンフォートゾーンに戻りたいなと防衛本能が働いているだけなので、ちょっとした勇気を持てば、諦めないで刺激的な毎日を送れるようになります。

 

実はチャレンジの足かせになっている「コンフォートゾーン」

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

諦めてしまう理屈はわかった。

 

しかし、大きな成長をしようと、今まで経験したこともないチャレンジにコンフォートゾーンを抜けよう!と決意しても、殆どの人はまた同じ環境に戻ってしまいます。

 

つまり諦めてしまうようになる。これも、本能的な理由があって、人は「未知の世界」を怖がる傾向にあるからです。

 

 

 

例えば、何かにチャレンジする時、前に進もうしているあなたの意識の中で、

 

「今から頑張ったって、もう遅いんだからやめたほうがよくない?」

 

「どうせまた失敗するよ!また次も失敗したらどうするんだよ!」

 

「こんなことやっても意味ないし、時間のムダよ。もっと楽な方法があるわよ!」

 

 

と、こういう囁きが聞こえてきたりしませんか?

 

これは、脳にあるホメオスタシス(恒常性維持・生体恒常性)と呼ばれる、私たちに備わっている防衛本能が誤作動を起こしたもので、本当にあなたが進むべき場面でも、まるで、壊れたスピーカーのように、様々な場面で囁きかけるシステムです。

 

この防衛本能は、人の体の生存率を下げる危険やリスクに晒された時に回避するために存在しているものですが、現代の私たちにはあまり有益に働いてくれません。

 

 

 

せっかく、大きな決断をして前に進もうとしているのに、わざわざ意識から自分を引き留めて、コンフォートゾーンに戻そうとするホメオスタシスは邪魔ですね。

 

これが行動を止める原因の根本なにですが、止める方法はないのか?ということですが、それは、コンフォートゾーンという概念を知っることで上手に付き合えばいいのです。

 

 

コンフォートゾーンから上手く抜け出す方法

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

あくまでホメオスタシスが働くのは、あなたを危険から守りたいという意図があって動きます。

 

どんなにあなたが挑戦しようとすればするほど、この防衛システムは作動する特徴があり、本気で進まなければならない時にほど、悪魔の囁きが話しかけてきます。

 

 

そんな時にどうすれば、上手にコンフォートゾーンから脱却できるのかというと、

 

それは「ホメオスタシスに向けて言葉を投げかける」ということをやります。

 

具体的にはあなたが挑戦しようとしている時に、ホメオスタシスから囁きがきます。その時に

 

「心配してくれてありがとう!でもどの道私は前に進みます!」

 

と宣言しましょう。

 

このような言葉をかけることによって、防衛システムは自分の存在を認められたと認識して、防衛本能は小さくなっていきます。

 

すこし、スピリチュアルな話に聞こえますが、この方法はとっても効果的です。

 

人生において、新しい決断をして打ち込む時、何度もホメオスタシスは作動して、あなたをコンフォートゾーンへ戻そうとします。

 

そんな時、一度立ち止まって、あの言葉を投げかけてみてください。

 

どんどん、チャレンジすることが怖くなくなり、あなたは大成功者になっていくでしょう。

 

 

おわりに

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

いかがでしたか?

 

人は本当に、いつでもコンフォートゾーンに戻りたがります。

 

あなたが、絶対やると、成功するまで帰らないとモチベーションマックスで、決断すればするほど、どっかでホメオスタシスは作動します。

 

成功への足かせになる防衛本能を知って、上手に切り抜けていきましょう。

 

是非、参考になったと思ったら、「イイね」をよろしくお願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

コンフォートゾーンから抜け出して、すぐに諦めてしまう自分にさよなら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Kenjee

Kenjee

<ライターからのご挨拶>

マレーシアを拠点に活動するマーケッター。趣味はサーフィンと食べ歩き。ビールをこよなく愛している。また、健康オタクでもある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 手のひらや甲にできた湿疹がかゆくてたまらない!謎の斑点も出てきたこの原因は?

  • 食べないダイエットは太る!3つの原因とダイエットの正しいやり方

  • どんな逆境も耐え抜き、毎日楽しくタフに生きる方法

  • カジノ王国マカオをグルメ観光で楽しむオススメスポット12選

関連記事

  • メンタルの強い人から学んだ メンタルを強くする方法

  • その食べ方ちょっと待った!!健康的にも精神的に危険な食事の恐怖とは?

  • 【金スマ】 心に染みる!気持ちが前向きになる永六輔が遺した言葉

  • 今からでも遅くない!脳を活性化させて頭が賢くなる7つの方法

  • 自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント

  • 今スグできる!ストレスをためない生き方をする8つのヒント