1. TOP
  2. 自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

 

こちらは、自律神経をを整えるために知っておきたい5つのポイントの後編になります。

前回の記事はこちら➡自律神経を整えるために知っておきたい5つのポイント 前編

前回は、「自律神経とは、内臓器官や血管をコントロールしている神経で、私達のライフラインを支えている重要な機関である」、「自律神経の最大の敵はストレス」「自律神経を整えるポイント5つ」をお伝えしてきました。

 

今回は前回で、お伝えしきれなかった分を後編と言う形でご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



自律神経を整える5つのポイント 後編

 

前回までの分を少しおさらいしておくと、整えるポイントとして

 

・腸

・食

・水

・呼吸

・運動

 

までお伝えしました。

 

詳細 ➡ 自律神経を整えるために知っておきたい5つのポイント 前編

 

では、追って続きをご紹介していきたいと思います。

 

睡眠

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

質の良い睡眠をとることは、美や健康の基本になります。なぜなら、人は深い睡眠に入るほど副交感神経が活性化され、ホルモンが分泌され腸の働きもよくなるからです。

 

つまり、自立神経が整っている状態です。

 

すると、代謝もあがり、太りにくい体となり、血液の質もよくなり、肌も髪の調子もよくなります。

 

睡眠中は、体の中で「メラトニン」というホルモンをどれだけ作れるかがすべてと言っても過言ではありません。そのため、昼間にメラトニンの素となる「セロトニン」というホルモンを作らなければなりません。

 

セロトニンはどうやってできるのかと言うと、適度な集中力と運動なのです。こうして、昼間に適度なセロトニンを作り、夜は十分なリラックス状態で睡眠に入ることで、副交感神経が活性化し十分なメラトニンが分泌されるようになります。

 

入浴

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

質の良い睡眠に入るためには、眠る3時間前からリラックスできる環境を準備すると良いと言われています。

 

その時に効果的なのが、入浴です。

 

入浴は、1日の体の汚れを落とすのが目的の人が多いと思いますが、さらに入浴の目的のひとつに、1日の終わりに滞った血液をリカバリーするということを意識づけてみてください。

 

心と体を最大限にリカバリーしてくれる入浴法は、お湯の温度を40℃、入浴時間は15分に設定して入ること。最初の5分は首まで浸かり、残り十分は半身浴にするのが、血流をあげるたり、デトックスするのに効果的な入り方なんだそうです。

 

お風呂から上がった後は、脱水症状を防ぐために、必ずコップ一杯のお水をゴクリとの飲みましょう。

 

体調管理

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

よく病は気からと言いますが、これは医学的にみても真実です。例えば、「これは花粉です」と言って、花粉でないものを花粉症の人に与えても、体にアレルギー症状が出たりします。

 

これはまさに、花粉に対する不安が、現状の症状を引き起こしてしまった良い例です。ですから、その対極として、自律神経の安定した、不安や心配のないポジティブな人は病気になりにくいのです。

 

なので、日頃から不安や心配事をしていると、副交感神経を下げることになってしまうので、当然ですけど自律神経も下がり、体調も悪くなってしまいますよね。

 

そうならないためにも、体調管理は大切です。

 

先ず止めたほうがいいものは、タバコです。タバコを吸うと痩せると言いますが、それは腸内環境が悪くなって栄養が吸収されないからです。無理なダイエットをして痩せることも同じですね。

 

それに伴い、血液は滞り、血管は老化し、結果肌や髪がアレてパサパサになり、体臭も臭くなっていくのです。なのでタバコはNG。今なら「禁煙外来」に行けばとても良い治療薬で、処方してくれてほぼ100%の人が禁煙できます。

 

また、冷え性の9割も自律神経の乱れが原因です。データをとると、ほぼ9割の人の交感神経が非常に高い結果がでたのです。交感神経だけが、異常にあがってしまうと、血液が隅々まで流れず、筋肉もこわばり体調が悪くなってしまうのです。

 

改善するには、やはり副交感神経の働きを整えること。前途したように、睡眠や入浴から取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

また自律神経失調症の方には、予防として「漢方」を上手に活用するのが良いとも言われています。漢方は生薬と呼ばれるように、西洋医学の薬に比べると、効き目が穏やかで、体に負担がかかりにくいのが特徴です。

 

もし興味があれば、病院に行った時に、漢方の処方が可能かどうか聞いてみましょう。

 

生活習慣

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

人間の体の中には、ほぼ24時間周期で、新陳代謝やホルモンの分泌などがスムーズに行われるようにする、「体内時計」というものが予め備わっています。

 

それらは、基本的にきまった時間に動いているので、本来寝ている時間に起きていたり、食事を取る時間外に食べてしまっりすると、体内時計とのズレが生じて、代謝やホルモン分泌の活動がおろそかになってしまいます。

 

結果、自律神経が乱れ、肌荒れやストレス太り、うつ病などを招いてしまうのです。

 

この体内時計を正常に動かすにはどうしたらいいのかというと、そのポイントとして紹介したいのが「太陽光」と「朝の食事」です。

 

やり方は簡単。朝起きた時に、窓を開けて朝日を浴びること。人工的な光でなく、この自然光を浴びることに意味があります。自然光を浴びることで、メラトニンが生成され、気持ちをリラックスかつ気分を高めてくれる効果があります。

 

出来れば、日の出が一番効果的。太陽光をみると眩しくてずっとみることはできませんが、日の出から20分程度の太陽は、眩しくなく柔らかい光でとても調子がよくなります。

 

その後は朝食です。まず起きどけの水を一杯ゴクリと飲んで、その後は、消化に良いフルーツを食べましょう。食べることで、体内時計に起きた合図の意味合いがもたれます。

 

フルーツは基本的に水分に近いので、朝食には最適です。フルーツ✕ヨーグルトは、自律神経を整える、オススメの朝食法となります。

 

メンタル

これまで述べてきたように、意識することで、自律神経を乱れの問題の半分以上は解決することができます。

 

「意識してやる」ということこそが、自律神経を整えるために必要なことです。

 

人は大きく分けると、

 

・余裕がない

・自信がない

・新しいものに出会ったとき

・体調が悪いとき

・環境が悪い時

 

この時が、一番自律神経が乱れやすく、ミスをおかしやすい状況に陥ります。なので、こんな状況になったら、あえて「乱れるな!」「落ち着けと!」と意識する。

 

これだけでも、50%は解決されます。

 

とはいえ、この社会では予想外のハプニングやアクシデントは起きますよね。そのため、日頃からリスク管理、準備を怠らないようにすることもとても大切です。

 

ストレス

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

自律神経の最大の敵であるストレスについて、ストレスの対処法を紹介します。

 

それは何かというと、「ストレスはあえて感じる、」それがストレスを軽くするコツになります。ストレスからは逃げないで、いったんそのストレスをあえて感じるようにするのが、最大のコツになります。

 

なぜなら、人間はストレスや不安を感じないようにしてしまうほど、そのストレスや不安を感じてしまうからです。

 

医学的に、ストレスはある程度受けていないと、細胞が活性化しないとも言われていますので、適度なストレスは私たちにとっては必要だということを覚えておきましょう。

 

この時も、漠然とストレスを感じるのではなく、何に対して自分はストレスを感じているのかを明確にするようにしましょう。すると、問題が見えてきて、どう対処すべきかが、見えてくるようになります。

 

ストレスを感じたら、逃げないで、一度立ち止まって考えてみるということを意識してやってみてください。正面から受け止めるようになると、軽減させることも可能ですし、その問題を解決することもできるでしょう。

 

それができて、心が軽くなったら副交感神経をあげていくことをやりましょう。こうすることで、どんどんストレスは消えて流れていくようになります。

 

おわりに

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

いかがでしたか?

 

今回は、抑えておくべきポイントという視点でお話をしてきましたが、自律神経を整える方法で、書くなら100以上の方法が存在します。

 

方法はいくつか詰め込んであるので、出来そうなことがあればぜひ実践してみてくださいね。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

1日1杯、腸内環境をキレイにして自律神経を整えるにはコレ!!⬆⬆⬆⬆⬆

\ SNSでシェアしよう! /

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの注目記事を受け取ろう

自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント 後編

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代からの生活に役立つお得情報局 億得 -OKUTOKの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

HIROMI

HIROMI

<ライターからのご挨拶>

CA/ブロガー/ライター/Yoga Master
旅好き国際CA。日々海外フライト業務に奔走する傍ら、ライターとして活動中。趣味は食べ歩きと音楽鑑賞。昔はフェスに行ったり、ライブハウスに足しげく通っていた。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 飲んで痩せて美しい体を手に入れる 青汁の正しい取説  

  • これってノロウィルス??急な胸焼から吐き気を感じた時

  • 美肌効果が高い上に、痩せると評判のレッドスムージーとは

  • サウナはダイエット効果ある!?痩せたいと思った時のオススメの方法

関連記事

  • その食べ方ちょっと待った!!健康的にも精神的に危険な食事の恐怖とは?

  • 今スグできる!ストレスをためない生き方をする8つのヒント

  • なるほど!赤面症の克服に必要な8つの意識

  • 自律神経を整えるために知っておきたい11のポイント

  • 仕事、恋愛、人間関係を向上させる 自分に自信を持つ方法

  • 消えない劣等感を逆手に!上手に使って克服する方法